お金持ちほどお金について語り、貧乏人ほどお金の話題を避ける理由

LINEで送る
Pocket

お金持ちほどお金について語り、貧乏人ほどお金の話題を毛嫌いするのはなぜでしょうか?


お金持ちがお金の話題を好むのは「お金に対する意識」が高いからです。

 

お金持ちはお金持ちになるためのマインドを身につけているからお金持ちとして君臨しているのであり、貧乏人と同じ考え方を抱くことはありません。

こう言っては失礼ですが、貧乏だと嘆く人の大半は投資に対して無知であり、お金に関する知識も乏しい傾向があります。

 

「お金に関して学ばないから貧乏になる」というのは決して意味不明な理論ではないでしょう。

 

お金持ちはお金を増やすための知識、スキルに関して精通していますが、貧乏人がそれらの知識に対して詳しいことはほとんどありません。

 

そもそもお金持ちと貧乏人は興味を持つ対象が違います。

 

お金持ちは「資産運用や投資」に対して興味・関心を抱いており、自分の資産を効率良く増やす手段を好んで勉強しようとします。その反面、貧乏人は「消費」のことしか考えていないからお金を貯めることができず、いつまで経っても不労所得を確保することができないのです。

 

貧乏というのは決して美学ではありません。

 

自分自身が質素な生活を送るのは良いのですが、それを他人に押し付けるのはダメです。

 

「ウチは貧乏だから仕方ない」というのはただの言い訳であり、お金を増やす手段を学ばなかったことに根本的な原因が存在します。

 

そもそも貧乏人特有の「難しいから学ばない」という意識を抱いたままだと、いつまで経ってもお金持ちになることはできません。

 

お金持ちの大半は投資を好みます。

 

ソフトバンクを率いている孫正義さんはとても優秀な経営者ですが、孫さんは「アリババ」という会社に投資して莫大な利益を得ています。

貧乏人がお金の話題を避けるのは「お金の話ばかりしていると卑しい」という価値観が植え付けられているからではないでしょうか。

 

株は危険、お金は悪、投資はリスクが高いと、大して勉強もせずイメージだけで物事を判断するから貧乏人はいつまでも貧乏なままなのです。

 

人格は関係ありません。

 

はっきり申し上げますが、貧乏でも良い人は沢山いらっしゃいます。

日雇いの立場で働いている人でも他人に優しく、人様に対して気遣える人は多く存在するのです。人格者であっても貧乏のままでいるのは「お金に対する興味・関心」を抱いていないだけです。

 

お金持ちが上手に資産を運用することができるのは、「自分でお金について学び、お金に興味を抱いているから」です。要するに興味の対象次第でお金持ちになるか貧乏人のままでいるかが変わってしまうのですね。

 

基本的にお金持ちは「長期的」に物事を考えることができます。

 

しかし、貧乏な人は「短期的にお金を稼ぐこと」ばかり目を向いて長期戦略を立てるのが苦手です。お金持ちは資産を増やすことを望みますが、貧乏人は短期間のお金を増やすことを望みます。

 

ここに大きな違いが存在します。

 

こんなことを言っては失礼ですが、お金に対して関心を持たず、資産運用や投資の勉強に興味を持てない人は何も考えていないのではないでしょうか。

 

将来のことを考えるのであればいかにお金が重要であるかというのは誰でも気づきますし、将来設計を意識する場合、必然的に「お金を増やす方法、お金を貯める方法」について意識が向くと思うのですが、将来のことを何も考えていないからお金に関心が持てないのだと分析しています。

 

この意見が暴論だと思うのであれば、将来について何も考えていない人に対して生活パターンを質問してください。

 

恐らく、将来に対する意識が低い人は「投資や資産運用を行なっている」という言葉は返ってこないはずです。

 

「お金持ちはお金に対する意識が高く、お金を増やす術を熟知しているからお金持ちになる」という現実を理解しなければいけません。

 

貧乏人特有の消費志向を参考にしてはいけないのです。

 

お金持ちになりたい人が学ぶべきなのは「お金持ち特有の思考」であり、お金持ちと貧乏人は意識レベルで差がついていることを意識しなければいけません。


スポンサードリンク