お金は最強の精神安定剤になる

LINEで送る
Pocket

「なぜお金を使わないのにお金を貯めるのか?」という疑問を抱いている人も大変多いと思います。使わないお金は無駄、結果としてお金を使わないのであれば貯めない方が良いと考えていらっしゃる方も多いのですが、私の考えは逆です。


お金はあるだけで価値が生まれると思っています。

 

どういうことかといいますと、お金というものはあればあるだけ精神安定剤としての効果が期待できるのです。

大抵の人は今の自分の仕事が嫌だと思っていたり、働きたくないと願っていたりしています。その気持ちは痛いほど分かるのですが、本当に仕事が嫌なら辞めてしまえば良いと思うわけです。

 

しかし、仕事を辞めるわけにはいかないのは生活の問題があるからです。

 

極端な話、働かなくても生活できるだけのお金があれば働く必要はないのです。しかし、現代社会で生きている人間のほとんどは「不労所得だけで生活する余裕がない」という状況に遭遇しているため、嫌々ながら働かなくてはいけないわけです。

 

ですが、ある程度の貯金が存在すれば精神安定剤としての効果が期待できます。

 

例えば貯金が300万円あれば1年間は働かないで生活することも可能です。仕事を辞め、1年間何もしないで生活を続け、疲れきった心と体を休めるという選択も取れるわけです。お金がなかったらすぐに働かなければいけません。

 

しかし、ある程度のお金が存在すれば「しばらく働かないで休む」という選択肢も取れるのです。これは心の余裕に繋がるため、お金は精神安定剤の役割を果たしていると言っても過言ではないでしょう。

 

私はキャッシュが非常に重要だと感じている人間です。

 

手持ちのお金はあればあるほど良い。お金が多ければ多いほど自分の自由度は増すので、自分の好きなことだけをやって生きていきたければお金は沢山持っているのに越したことはありません。

 

お金を貯めるメリットをよく理解できない人は、「お金は多ければ多いほど精神安定剤としての役割が強くなる」と考えるのがお勧めです。

 

結局、お金がないと人に優しくするのも困難になりますし、心の余裕もなくなります。

例えばお金がある人は他人が儲けたときに「良かったねー」と本気で喜ぶことができますが、自分がお金がないのに他の人が荒稼ぎしたときは「さっさとくたばれ」と思うことが大半です。

 

これは要するにただの嫉妬なのですが、お金持ちは嫉妬しないんですよ。

 

なぜならお金持ちは自分がお金を持っているから、他の人が少しお金を稼ごうが嫉妬する理由がないのです。

 

しかし、自分がお金を持っていない場合、お金を持っている人間は極端なほどに毛嫌いします。それはある意味仕方がない面があるのですが、本当にお金持ちになりたければ「他者に嫉妬してはいけない」と感じております。

 

お金を稼ぐ意味が見出だせない人は「お金は最強の精神安定剤になる」という言葉を信じ、お金を貯めてみてください。


スポンサードリンク