数は力

LINEで送る
Pocket

株式投資で大きく儲けたいと考えている方は、数は力であるという理論を理解する必要があります。100株より1000株。1000株より10000株と、たくさん株を保有している人ほど大きく儲けることができます。なぜ数は力になるのでしょうか?

それは単純な理論です。株数が増えれば増えるほど自分の不労所得が増えていくからです。

不労所得を増やしたければ自分の資産を増大させるのが一番です。株式投資では株数と収入は比例関係になっており、多く株を保有している人はそれだけ多くの収入を得ることができるのです。

1株50円の配当金を支払ってくれる株を100株持ってても、年間の利益は5000円にしかなりません。しかし、1000株持っていれば50000円の配当金を受け取ることができます。

10000株だったら……?

驚きの50万円です。これだけ不労所得が入れば副収入として頼りがいがある存在になります。自分の趣味にお金を費やすこともできますし、新しく得ることのできた配当金を使用してくまた株を購入しても良いのです。

株式投資初心者の方は数を軽視してしまう傾向が強いようです。しかし、考え方を改めなければいけません。稼ぐためには数という要素が必要不可欠になるのです。


また、株をたくさん集めることができればリスク分散も容易に行なうことができます。100株だけインフラ株を購入したり、配当金がたくさん貰えるベンチャー企業の株を1000株を購入したりと、戦略の幅がどんどん広がっていくのです。

もちろん、数をそろえるためには資金力が必要になります。最初は少ない株数でも構わないので、自分の味方である株の不労所得と協力してどんどん収入を増やしていきましょう!


スポンサードリンク