報われる努力と報われない努力の違い

LINEで送る
Pocket

世の中には報われる努力と報われない努力が存在します。

報われる努力とは、こつこつと作業を積み重ねて将来的に膨大な収入を得る仕事のことを指します。例えば、試合で結果を出すために練習を頑張っているスポーツ選手は報われる努力をしていることになるでしょう。


しかし、結果を出せなければ報われない努力になってしまいます。

ここで重要になるのが、報われる可能性のある努力か?という点になります。報われない努力を続けても時間の浪費にしかならず、現状を脱出することはできません。

報われない努力の例を挙げてみましょう。

1,たくさんアルバイトをしてお金持ちになろうとする

これは報われない努力の良い例です。働くことはとても大切ですが、時間を切り売りするアルバイトは労働収入の限界が訪れます。ただアルバイトをしていればお金持ちになるというわけではありません。

とりあえず働けば豊かになるという時代は終わりました。現代は効率性を求めています。現代では効率的にお金を稼ぐシステムを作り上げた方が、最終的に勝利を掴むのです。

しかし、視点を少し変えればアルバイトをしても報われる努力に変化することが可能です。

それはアルバイトで得た収入を利用して、株を買うための購入資金に充てるという方法です。少ない収入をどうにかしてやりくりし、将来的に収入を増やしていくための方法を模索するのは報われる努力に該当します。

アルバイトだけの収入では豊かな生活が実現できないと考えている方は、収入を増やすための手段を考えなくてはいけません。その1つが株式投資になりますが、豊かな未来を築きたいのであれば不労所得を最大限に重視しなければいけないのです。

2,会社勤めを頑張る

会社に勤めて頑張って仕事をすれば、いずれ努力が報われると考えている方もいらっしゃいます。確かに出世すればある程度報われることはあるでしょう。しかし、全員が出世できるとは限りません。

また、会社勤めの特性として「毎月安定した収入が確保できる」というメリットがあります。しかし、これは裏を返せば「会社を辞めると安定した収入を失う」というリスクを抱えていることになるのです。

会社員を長年続けてもお金持ちになることはできません。お金持ちになれるのはよほど稀なケースであり、一般的な見解だと会社員として頑張っても努力が報われることは無いのです。それはお金持ちになるための努力という意味です。

では、報われる努力とはどのようなことを指すのでしょうか?

1,不労所得を増やすための行動を取る

株式投資を始めるのは不労所得を得るための手段を手に入れるのと同義です。不労所得を増やすために行動したいと考えている方は、投資の勉強を始めた方が良いでしょう。不動産投資や株式投資、国債投資などは不労所得を増やしてくれる手段になります。

不労所得を増やすために行動すれば、時間が経てば経つほどに自分の収入が増えていく結果に繋がります。これが報われる努力の1つに該当するのです。

2,投資資金を貯めて、株を購入し続ける

株を購入し続けるのも報われる努力の1つに入ります。というのも、株数が増えれば増えるほど自身の収入は増加していくので、確実に収入を増やしたいと考えている方は株を買った方が良いのです。

アルバイトをして貯金だけを続けてもお金持ちにはなれません。それはお金持ちになるための努力としては適切ではないのです。

しかし、自分で稼いだお金を投資に充てれば報われる努力に転化していきます。アルバイトを長く続けてもほとんど時給は上がりませんが、株式投資を長く続ければどんどん不労所得は増えていくのです。

これが報われる努力と報われない努力の違いです。

報われる努力=将来的に収入が増える努力

報われない努力=収入が増えない努力

こういう風に定義して考えると分かりやすいでしょう。今の自分の行動が報われない努力に該当していないか、しっかりと考える必要があるのです。


スポンサードリンク