お金の稼ぎ方よりお金の使い方を学んだ方が良い

LINEで送る
Pocket

成功者が転落人生を歩むのは大抵の場合「お金の使い方」が間違っているからです。

幸いにも株式投資に取り組んでいる人は「資産」の価値を深く理解しており、「資産はお金を生み出す存在」だと認識しているので良いお金の使い方を意識している人が多いです。

 

しかし、年収1億円を稼ぐような大物でも「浪費が激しすぎたり無駄な物を買いすぎたりして一気に物事が上手くいかなくなるケース」は多々あります。

 

例えば与沢翼さん。


出典 umetaiko072.blog.fc2.com

与沢さんは税金の未納で会社資金がショートしましたが、私はこのニュースを知った瞬間「あーやっちまったな」と思いました。

与沢さんは「秒速で1億円稼ぐ」というキャッチコピーを売りにして情報商材を売りまくっていた天才でしたが、残念ながらお金の使い方を学んでいるとは言い切れません。

 

与沢さんは本当に優秀な人で、「お金を稼ぐ能力に長けていたけど、お金を運用する力」に乏しかったのが破産の原因になります。

 

世の中の多くの人は「お金を稼げば何とかなる」と考えます。

 

何とかなりません。

 

誤解を招かないように申し上げますが、収入は多ければ多いほど良いです。

収入が低い状態で「人生はお金ではない!」と言ってもそれはただの綺麗事ですし、収入はとても大切ということを意識すべきです。

しかし、「お金の使い方」を理解していない人は自分の欲望に逆らえないままお金を使ってしまうので、「収入が増えた分支出も増加し、結果的に支出に勝てなくなって貧乏な生活を送ること」が当たり前のように起こっているのです。

 

例えばマイホームを購入するとします。

 

35年ローンを組んでマイホームを手に入れるのは良いのですが、「マイホームを購入したから満足する」とは限りません。マイホームを持っていると修繕費や固定資産税がかかりますし、マイホーム自体が維持費を生み出す「負債」になってしまいます。

更に言えばいくら優れたマイホームでも長年住んでいると「飽きてしまう」ので、また新しい家や新築物件が欲しくなってしまうのです。

 

ブランド物のカバンも同じです。

 

ルイ・ヴィトンの鞄を手に入れると、その瞬間は「とてつもない幸福」だと感じます。何十万もするルイ・ヴィトンの鞄はなかなか手に入る物ではなく、持っているだけで誰もが羨ましがってくれます。

しかし、ルイ・ヴィトンの鞄を「一生もの」だと思って使用するのは良いのですが、ブランドだけで評価する人だとそのうち飽きます。

 

新たなルイ・ヴィトンの鞄が販売されたら新商品に目移りしてしまいますし、「今持っているものよりも新しいものが欲しくなる」というループにハマることになります。

 

人間の欲はキリがないので、物欲を浪費で満たそうとしても限界があるのですね。

いつまでも収入が減り続けることがなく、収入が増加し続ける状態が確定しているのであれば浪費しても良いです。しかし、「収入が減って収入よりも支出の方が大きくなるとどうしようもなくなる」のが人生です。

 

何故か分かりませんが、日本では「お金の稼ぎ方」を学ぶ学校は存在しても「お金の使い方」を教えてくれる学校はほとんど存在しません。

 

「自分の欲しい物」を買い続けるとほぼ必ず支出が増えます。

 

マイホームや高級車、ブランド物のバッグなどは持っているだけで維持費が発生します。これらは全て負債であり、決して資産にはならないのです。資産は「持っているだけで勝手にお金を増やしてくれるもの」に限られます。

 

自分の購買欲を満たすために株を買うのは良いです。

 

株は持っているだけでお金を生み出してくれますから、「株を買えば買うほど収入が増える状態」を築き上げることができるので自分の欲望を満たす対象をしっかり考えるのが賢明になります。

「支出が増えるものを購入するのではなく、収入が増えるものを購入する」のが正しいお金の使い方です。

といっても、大半の人は「収入が増えるもの」を理解していません。

 

収入が増えるものと言ったら金融商品や貸賃不動産などに限られるのですが、金融商品に興味がない人は「収入が増えるもの」を見つけることすらできないのです。

 

「お金の使い方さえ理解していれば転落人生を歩むことはなくなる」という事実を理解しなければいけません。

 

いくら収入が多くてもお金の使い道を理解していなければ、いずれその生活は崩壊します。ビジネスが上手くいかなくなっただけで全てがダメになるため、お金の使い方を学ぶのは「自分の生存確率を上げるために必須」だと思ってください。


スポンサードリンク