お金がお金を生み出すという現実を理解しなければいけない

LINEで送る
Pocket

お金持ちがいつまでもお金持ちの立場のままであり続けることができるのは、「お金がお金を生み出す」という原則を理解しているからです。


この原則を知らないお金持ちの子供は絶対に衰退します。なぜなら「資産運用」という手段を通じて自分の資産を増やすことができないからです。

「お金は寂しがり屋だから、お金が集まっているところに行く」という言葉を聞いたことがないでしょうか?

 

一見すると訳の分からない言葉ですが、この言葉の中に真実が隠されています。

 

資本主義社会というのはとても不思議な世界で、「お金を持っていれば不労所得だけで生活することができる」という仕組みが築かれています。お金を沢山持っている人ほど銀行にお金を預けたときの利息が大きくなりますし、株の不労所得も増えます。

 

「お金がお金を生み出す」というルールを理解していればお金持ちになることも可能です。

 

貧乏人やお金の使い方を知らない人は、「お金=浪費するための手段」としかお金を評価することがありません。

 

「そんなバカいないだろ? 金融商品を購入すればお金を生み出してくれるのは誰もが理解しているはずだ」と思っている人もいらっしゃると思います。

 

いや、本当にお金がお金を生み出すという事実を知らない人が多いんですよ。

しかもこういうことを語ると、「そんなことをするのは卑怯。お金は働いて稼がなきゃダメ」という訳の分からない意見を言う人がいらっしゃるので……。

 

まず、「お金がお金を生み出す」という前提条件が卑怯だと言うのなら、銀行は全て潰れなければいけません。

銀行はお金でお金を生み出す商売を行なっている代表格です。銀行が多くの人から預金を集めているのは、「預金を活用して事業主にお金を貸し出し、高い不労所得を得たい」と望んでいるからです。

 

「お金がお金を生み出す」という事実を知らない人はお金を誤解しているんですよ。

 

こういう人に限って「お金は贅沢を楽しむための引換券」だと勘違いしたり、「お金はある程度生活を守るための保険」だと誤解したりするんです。

 

違います! お金は武器になるんです!

 

そりゃ、利息の低い銀行にお金を預けてもお金は全然増えませんよ。

しかし、株という金融商品を買えば配当金と売却益を両方貰うことができるのです。株式投資を行なっている人はお金の価値を理解している方が多いのですが、金融商品や経済に興味がない人は「お金の価値そのものを知らないこと」がほとんどです。

 

お金というものは、自分が寝ている間も資産を増やし続けてくれる「ツール」だと考えるのがお勧めです。

そう考えると無駄なことにお金を使うのがどれだけ愚かな行為か理解しませんか?

資本主義の発展には浪費が必要です。誰かが物を買い、お金を使うことによって経済が活発になり、景気が良くなるのです。

 

だから私のように「無駄なものを買うのは止めましょう。お金は武器として運用し、お金でお金を増やしましょう」という人間ばかりになってしまったら困るのですね。

 

お金でお金を生み出すという発想を身につけるか、お金は浪費のための道具だと捉えるか。

 

これがお金の知識格差の分かれ目になります。後者の発想しかない人間はお金持ちになることはできません。なぜなら「投資」という行動を取ることができないからです。

 

これは株に限った話ではありません。

 

この世で成功を収めたければ投資は必要不可欠です。

経営者が新たな設備を購入したり、人を雇ったりするのも投資です。株を買うという行為だけが投資ではなく、「新たな利益を生み出してくれる行為」は全て投資だと言い切っても間違いではありません。

 

しかし、貧乏な人は「投資の重要性」を知らないので大切なお金を無駄なことに使用してしまうのです。

若い内はそれでも良いのですが、歳を重ねてからこの世の真実に気づいても遅いのです。この世はお金で支配されています。

 

お金を持っている人間が支配できる世の中、それが資本主義社会です。

 

この現実を直視した上で「お金の使い方」を考えてください。お金がお金を生み出すという理論を理解することができれば、あなたはお金持ちにグッと近づくことができます。


スポンサードリンク