維持費が発生する物は全て負債になる

LINEで送る
Pocket

投資家としてのマインドを身につけたければ「維持費が発生する物は全て負債になる」という原則を覚えておかなければいけません。

維持費が発生する物は全て悪です。


私は維持費がかかる物を徹底的に嫌っており、「維持費だけがかかって何も生み出さない物」はほぼ全てゴミだと思っています。使わない乗用車、何気になく契約している駐車場、カードローンの利息、これらは全て不要で無価値な存在です。

いくら収入を増やしても無駄に維持費がかかるものを保有していると、いつまで経っても豊かになりません。

お金持ちに近づきたければ「不要な物は全て捨てて、利益を生み出してくれる資産」を保有するのが1番良いのです。

国債は大した利益を生み出してくれませんが、支出が発生することがないのでとても優秀な資産になります。

株も同じで、「株は保有しているだけど全く維持費がかからず、自分のために利益を生み出してくれる存在」になるので保有する価値がとても高いのです。私の意見を言わせて貰えば、「株を売る前に維持費がかかっている物を処分した方が良い」というのが本音です。

株は支出が発生しない優秀な金融商品ですが、車やバイクは別です。通勤用で車を使用している場合は仕方がないのですが、大して車を使用しないのに高級車を保有するのは無駄です。

今は亡き山田昭男さん(未来工業の創業者)は、高級車に乗らないで一般車で通勤していました。

山田さんは未来工業を上場させたお金持ちですが、ケチっぷりが半端じゃなく優れていたのです。

ケチ=悪い、というイメージが定着している人も多いのですが、私はケチは美徳だと思っています。

山田さんのように「無駄なことにお金を使用しない人」が本当に優秀な経営者です。投資家の立場でも無駄な物を持たないように心がければ、余ったお金を株式投資に使用することができるのでどんどん資産が増えていきます。

「負債は自分のお金をなくす存在、株は自分のお金を増やしてくれる資産」という考え方を抱くようにすれば、株を保有し続ける価値を理解できるようになります。できるだけ維持費のかかる物は保有せず、負債を全て捨て去るように意識すれば、お金持ちに近づくことができるのです。

「株は現物で保有する限り、負債になることはほとんどない」という事実を理解しておきましょう。


スポンサードリンク