成り上がり者は素晴らしい褒め言葉

LINEで送る
Pocket

成り上がり者とは、低い身分から成り上がって高い地位を得たり、お金持ちになったりする人のことを指します。

成り上がり者は本来、身分不相応という意味で悪く使われることが多い言葉ですが、視点を変えれば素晴らしい褒め言葉であると解釈することができます。

株式投資でお金持ちになりたければ、成り上がり者を目指してください!

恵まれない境遇から成り上がるのはとても大変で、多くの人に誇れる事実になるのです。成り上がり者と呼ばれてバカにされるのであれば、褒め言葉をかけられたと解釈した方が良いでしょう。最初からお金持ちという人はそう多くいらっしゃいません。

世の中で成功した人の多くは低い境遇から成り上がり、数多くの栄光を手にしています。ウォーレン・バフェットも恵まれた立場で偉大な投資家になったわけではありません。幼い頃からビジネスを始めており、独特の生い立ちを活かして投資家としてのスキルを身につけたのです。


お金持ちになりたければ成り上がり者になるという意識を持つのがお勧めです。株式投資を始めてお金持ちになることは可能ですが、成り上がるためにはいくつかの条件が存在します。

1,現状に満足せず、常に上を目指す

現状に満足すると成り上がることはできません。成り上がり者と言われている人たちのほとんどは恵まれない境遇から脱して大金を掴みました。それはビジネスであったり、株式投資であったりとお金を得る手段は様々ですが、成り上がったことに関しては共通点があります。

それは現状に満足しなかったことです。

現状に対する満足感は停滞を招く元になります。「このくらいで良いかな……」という気持ちは向上心を萎えさせ、自分のスキルを高める意欲を阻害する原因になるのです。

常に成長し続ける意欲を抱き、お金を得るための努力を惜しんではいけないのです。株式投資の知識を人よりも多く身につけ、お金持ちになる人の共通点を理解し、成り上がるための思考を獲得しなければいけません。

2,今の自分を変えたいという気持ちから始まる

いくらお金が欲しいと思っても、お金持ちになるための思考が身についてなければ大金を手にすることはできません。多くの方は少しの利益で満足する傾向がありますが、それでは株式投資で大きく儲けることはできないのです。

一流の投資家は早期に利益を確定することなく、最大限の利益を求めて個別銘柄を分析します。早く株を売って利益を得たいという気持ちが邪魔することもありますが、そういう感情をグッと抑えてより多くの利益を得ることを目的にしなければいけません。

今の自分を変えたいと思わなければ現状を脱することはできないのです。

時間を味方につけることができるのは株式投資の大きな魅力になりますが、時が過ぎれば過ぎるほど時間という名の効力が薄れていきます。

行動するなら今です。変革を起こしたいのであれば、現状を変えなければいけません。自分を変えたいという気持ちを抱かなければ自己改革を成し遂げることはできないのです。

成り上がり者という悪いイメージを捨てましょう。成り上がり者は恵まれない現状を打破することのできた、能力の高い人たちのことを言います。偉大な投資家たちを見習ってお金持ちになるための思考を身につけていきましょう。

 


スポンサードリンク