株式投資は儲けた後が大切

LINEで送る
Pocket

お金持ちになりたければ、明るい未来を築くための行動を取らなければいけません。


株式投資で儲けた後、どういう行動を取るかによってお金持ちになる可能性は変化します。お金持ちになりたいと願っている方は、株式投資で得た利益を次の投資資金に回すのが重要になります。

例えば、10万円の投資資金を使用して配当利回り5%の株を買ったとします。税金を差し引いて年間で約4000円の配当金を受け取ることができますが、この4000円という配当金を次に活かせば収入は飛躍的に増加します。

それは、新たな収入を次に活かすという思考が身についているからです。

たった4000円の利益ですが、この4000円を活用して株数を増やしたとします。配当利回り5%の株を4000円分購入したら年間の不労所得は160円増加します。160円の収入も次に投資に活用すれば、どんどん資産が増えていくという計算になるのです。

お金持ちは死に金を作りません。

これがお金持ちになるための重要な要素になるのです。

お金持ちになって成功している方は、「お金でお金を稼がせる」という思考が身についています。新たに得た利益を再投資に回せば、自分は何もしなくても不労所得は増加していきます。こういう風に自ら良い流れを作っていけば誰でもお金持ちになれるのです。

もちろん、時間は必要になります。時間という要素がとても重要になりますが、逆に言えば時間をかけてお金持ちになる道を突き進めば誰でも簡単にお金持ちになることができます。

お金持ちになれない人は辛抱が足りません。

即金を求めてアルバイトを始めたり、毎月の収入が保証されている雇用契約を結んだり、利益が出ない状態を我慢することができないのです。これはどのビジネスでも同じことが言えますが、最初から利益が出るビジネスはほとんど存在しません。大抵のビジネスは「儲からない期間」を我慢して、未来の収入を手に入れることを目的としています。

これは価値観の問題です。株式投資で得た利益を遊んで使ってしまうか、更に利益額を高めるための投資に活用するか、株式投資で儲けた後の行動によって人生は大きく変化するのです。

明るい未来を望みたければ、株式投資で得た利益を再投資に回した方が良いでしょう。全額再投資するのに抵抗があると感じる方は、利益の1割を再投資に利用するのがお勧めです。1割で物足りなければ2割、3割と投資の割合を増やしていけば良いのです。

儲けた後、どう行動するかによって自分の未来が変化します。本当に儲け続けられる社長は「お金を大切に扱う」という特徴があります。この考え方は株式投資でも有効に活用することができるのです。


スポンサードリンク