株式投資と不動産投資の違い

LINEで送る
Pocket

お金持ちになりたければ様々な投資のメリットを理解するのが重要になります。

株式投資と不動産投資は「インカムゲインを得ることができる」という共通点があります。

株式投資で稼いだ資金を不動産投資に利用するのは大変良いことです。しかし、不動産投資と株式投資の違いを理解しなければいけません。


株は流動資産ですが、不動産は固定資産になります。不動産は固定資産税が加算されるのが大きな違いになります。株は保有しているだけで勝手に配当金が振り込まれるので収入確保が容易ですが、不動産投資で成功したければ入居者を集める必要があるのです。

例えば、マンション投資をしている場合マンションの入居者を集めて家賃を得なければいけません。ただマンションを保有しているだけだと赤字になってしまうのです。不動産は固定資産税や維持費がかかってしまうので、不動産投資は株式投資より難易度が高いと言えます。

不動産投資は良い立地を選んで適正な家賃を設定すれば大儲けできるというメリットがありますが、初期費用が高過ぎるのが難点です。

株式投資は1000円から株を買うことができますが、不動産投資は1000円で始めることはできません。不動産投資はある程度資金がある人に向いているのです。

最近はローンを組んで不動産投資を行っている人も多いのですが、言うまでもなくローンは借金です。もし不動産から収入を得ることができなければ赤字垂れ流しの状態が続いてしまうのです。

不動産投資は株式投資よりハイリスクハイリターンな投資だと言えるのです。資金量がある程度ないと不動産投資を始めることができないので、投資資金が少ない方は株式投資をお勧めいたします。

また、不動産は年数が経つごとに価値が下がるという欠点が存在します。

株は別です。株は会社の業績が伸び続ければ年数が経っても価値が下がりません。むしろ株価の向上が期待できるので株式投資は「時間が経つごとに資産価値が下がる」という最大の欠点を無視することができるのです。

その代わり、株は日経平均株価の影響を受けるので日経平均株価が暴落すると株の価値も下がります。どっちも一長一短があるので自分の状況に合った投資を選択するのがお勧めです。

楽に儲けたければ株式投資がお勧めです。

不動産投資は不労所得だと考えている方も多いのですが、意外と仕事が多いです。建物のメンテナンスや日々の掃除など、不動産会社に管理を任せないと不労所得にならないのです。

株はほったらかしで利益を出すことができますが、不動産投資は別物だと考えてください。不動産投資は成功すれば年間利回り15%を達成することもできますが、誰も借り手が見つからないと赤字になってしまうリスクを抱えているのです。

株式投資の場合、無配当株を買っても支出が発生しないので赤字になることはありません。株を損切りしたら結果的に損することもありますが、損切りしたくなる株は最初から買わなければ良いのです。

リスクヘッジを行いたければ株式投資と不動産投資の両方に手を出すのがお勧めですが、投資資金が少ないうちはそこまで気にする必要はありません。最初は投資資金を貯めることを意識し、株式投資で儲けた方が良いのです。

株式投資だけでもリスクヘッジを行なうことはできますが、別資産を保有していると収入の安定度も高まります。不動産投資は将来の目標として考え、最初は株式投資で利益を出すことを考えるべきです。


スポンサードリンク