資産は運用しないと宝の持ち腐れ

LINEで送る
Pocket

日本人は資産を守るという意識は非常に高いのですが、資産を運用するという意識は物凄く低いのです。

それは貯蓄率の高さを見ても分かります。大抵の人は貯金額を重要視していますが、貯金を上手く運用するという意識を抱いている方は少ないのです。つまり、多くの人々は守りに入っています。攻めなくてはいけない段階でも守りに徹しているため、いつまで経っても資産が増えません。

貯金だけすれば資産が減ることはありませんが、増えることも無いのです。資産を増やしたければ資産運用を始めるのがお勧めです。


株式投資は優れた資産運用の1つになります。自分のお金を利用して株を買い、購入した株が新たなお金を生み出してくれるので効率的に儲けることのできる資産運用に該当しているのです。

効率的に儲けたければ資産運用の知識を身につけなければいけません。

働いているだけでもお金を稼ぐことは可能です。しかし、いくら貯金額を増やしても守りが強化されるだけで一向に収入は増えていかないのです。確かに貯金は大切ですが、貯金を上手く運用することができれば収入も増えていきます。

収入を増やす=必然的に防御力を高める結果に繋がる。

こういう風に考えてみてください。

大切なのは現在の資産額ではなく、収入です。どんな事態が起こっても、収入経路がしっかりと確保されていれば何とかなります。

例えば、預金が500万円ある状態を維持していたとしても、会社をクビになったり、給料を減らされてしまったりしたら、あっという間に500万円というお金は消えてなくなります。それは生活費を貯金でまかなう必要があるからです。

しかし、預金が無い場合でも定期的に収入を得ることができるシステムを確立していれば、生活費に悩まされる心配はありません。株の配当金が自分の生活費をカバーしてくれるのです。しかも、長期的にカバーしてくれるので安心度も段違いです。

貯金は使ったら無くなるお金です。しかし、収入経路は使っても無くなりません。

株を買って資産運用をするのは、収入経路を増やすという意味になります。収入を増やしていくのは決してマイナスの方向には働きません。多くの人は貯金額を気にして生きていますが、大切なのはお金を運用する意識です。500万円の預金があっても、運用しなければ不労所得はほとんど入ってきません。

しかし、株式投資で500万円を運用すれば年間10%ずつ資産を増やすこともできるのです。500万円の10%は50万円になるので、働かなくても50万円獲得できるのは大きなメリットになります。ちょっとしたボーナス気分に浸ることもできるでしょう。

いくら預金があっても資産運用しなければ意味が無いのです。何のために預金しているのか考えなくてはいけません。

お金持ちになる人のほとんどは、預金を有効活用して「収入を増やすための手段」として利用しています。しかし、一般の方は「お金を貯金する」ということしか意識していません。

だからお金持ちになれないのです。お金持ちになりたければ収入を増やさなければいけません。収入を増やさないで、今の資産だけを守る行動を重視してもお金持ちになることは絶対にありえないのです。

これは思考の問題になります。お金持ちがなぜ、お金持ちであり続けることができるのか思考を紐解かなければいけません。お金持ちになれない方の大半は「貯蓄」を重視しています。

しかし、お金持ちになっている方のほとんどは「投資」を重視しているのです。


スポンサードリンク