安全資産を確保しよう

LINEで送る
Pocket

株式投資で一定の成果を挙げ続けるために、安全資産をある程度確保するのがお勧めです。

なぜ安全資産が必要になるのでしょうか? それは、景気による資産変動のリスクがない安全資産を確保することにより、より安全に資産運用することができるようになるからです。

また、安全資産の確保はメンタル面にも良い影響を与えます。株式投資のパフォーマンスが振るわなかったとしても、安全資産があれば安定した不労所得を手に入れることができるからです。

また、日経平均株価が下落してきたら安全資産の中から株式投資の投資資金を確保して、新たな投資資金として使用することも可能です。

言わば、安全資産という存在は株式投資を陰から支える役割を果たすと考えられます。

株式投資で大きな利益を上げつつ、安全資産から入る不労所得で少しずつ自分の資産を増やしていくという幅広い戦略を練ることも可能になります。

戦略の幅は広いことに越したことはありません。

基本的な戦略は株式投資で稼ぐことをメインにして、副収入は安全資産から得るという戦略を練るのはリスク分散の上でも効果的です。

また、色んな種類の資産を保有しているのは心の安定にも繋がります。たとえ自分の持ち株が値下がりしたとしても、安全資産が確保できていればそこまで動揺する必要はありません。

株価が値上がりしているときは株式投資に積極的に手を出すのではなく、安全資産を増やす戦略を取るのがお勧めです。

そして、株価が値下がりしてきた段階で今まで築いてきた安全資産を売却し、株式投資の費用に充てるという攻撃的な投資戦略も可能になるのです。

この戦略を「守備から攻撃に転ずる」と私は呼んでいます。


攻撃は最大の防御と言われていますが、やはり株式投資だけに資金を注ぎ込むのはリスクが高いのです。

ある程度安全資産が確保できれば、来るべき時期に一気に資金を動かすことが可能になります。全体的に株価が割高になっている時期は安全資産の確保に努めた方が良いのです。

安全資産の確保は自分の資産を増やす基本的な考え方になるのです。


スポンサードリンク