安全資産と株にはどういう関係があるのか

LINEで送る
Pocket

安全資産と株には密接な関係が存在します。

安全資産とは、価値がゼロになることのない資産を指します。純金やプラチナ、土地などが安全資産に該当するでしょう。株は価値がゼロになる可能性もあるので安全資産と定義している人は少ないのです。

では、安全資産と株はどのような関係があるのでしょうか?

面白いことに、安全資産の需要が高まると株価が下がるという意見が存在するのです。株価が減少し続けると多くの人々は株を保有することに不安を覚えます。

「このまま株価がゼロになったらどうしよう……」と、悲観論を唱えてリスクの低い金融商品に手を出すようになります。

不況になればなるほど金やプラチナの価値が向上します。それは価値がゼロになるというリスクが極端に低いからでしょう。不況になると人々は安全策を求めるようになるので、リスクの高い株式投資を避けて純金やプラチナといった安全資産を購入するようになります。


そうなると金やプラチナに対する需要が高まるので、金とプラチナの価格はどんどん向上していくのです。これは株から安全資産へ資金がシフトしたのが大きな理由として考えられます。

投資家からの需要を失った株は、どんどん価格を下げていきます。儲けたければそういうときに株を購入するのが1番になるのですが、一般投資家は今値上がりしている金融商品を買おうとします。

安全資産の価値が上がる=株の需要が下がる。

少し大雑把な見解ですが、基本的にはこういう考え方をしても問題は無いでしょう。不況時ほど定期預金に人気が集まるのは、これ以上資産を減らしたくないという人間の防衛本能が働くからです。多くの方はリスクを冒して儲けようとする心構えがありません。

不況になればなるほど安全資産の需要が高まっていきます。それに反して、株は不況になればなるほど需要が薄れていくので株価が値下がりしてしまうのです。

逆に考えると、これはチャンスではないでしょうか?

安全資産の価値が向上しているという情報をキャッチしたとき、大抵の場合日経平均株価は低い水準にとどまっています。株価が低いか高いかの価値を見分ける判断材料の1つとして、安全資産の需要を調べるのはとても有効になるのです。

安全資産の1番のメリットは、価値がゼロにならないということです。

つまり、守りに徹したい方にとって最適となるのは安全資産の購入です。金やプラチナを購入してもお金を生み出すことはないので、いくら金を増やしても収入が増加することはありません。しかし、安全に資産を運用するという観点から見ると安全資産と定義付けられている金融商品は、不況時ほど価値が高まるのです。

株式投資で儲けたければ、安全資産の需要が高まっているときを狙いましょう!

これは俗に言う「逆張り」という手法になりますが、様々な観点からデータを分析すればそれだけで株式投資で勝ちやすくなるのです。

安全資産の需要の増加は、株価の値下がりに繋がります。株は安く買った方が得なので、安い時期を狙って株を購入するように努めてください。

逆に株価が上昇して、安全資産の価値が低くなっているときは金やプラチナを購入するのがお勧めです。状況に応じて購入する金融商品を変更すれば、どのような時期が訪れても安定的に儲けることができるのです。


スポンサードリンク