株を好きになると資産が増える

LINEで送る
Pocket

株という名前の金融商品を愛せば、自分の資産はどんどん増えていきます。それはこの世の中の原則と言っても過言ではありません。

世の中の原則と言うと難しく聞こえますが、率直に言ってしまうと株を好きになると資産が増えるのは当たり前なのです。

株自体が資産になるのですから、株を集めれば自然と資産は増えていきます。

しかし、好きになる対象が変わってしまうとあっという間にお金が無くなってしまいます。例えば、高価なワインを集めるのが趣味の場合どうでしょうか? ワインを保管してもお金を得ることはありません。ワインは富を生産する能力がないからです。


いくらワインが好きでも、ワインにお金を稼がせることはできないのです。

しかし、株は違います。株を好きになればどんどんお金は貯まっていきます。株に「お金を殖やす」という特殊能力があるからです。

自分の好きな物によって、お金持ちになれる可能性が変化してきます。一時的にお金持ちになっても、金食い虫を好きになってしまうとお金を維持するのは難しくなってしまうのです。

車がその典型的な例になるでしょう。

少しお金が入ると車好きな人は新車や高級車を買ってしまいます。

しかし、車はお金を生み出す能力はありません。それどころかお金を多く奪っていく存在なので、いくら車を好きになってもお金を殖やすことはできないのです。

これが株と車の大きな違いになります。車に乗ってドライブに行くのが面白いと感じても、お金が殖えることはありません。ですが、株を好きになって株式投資を楽しいと思えばどんどんお金が殖えていきます。

人間には面白い特徴があり、自分の好きなものは傍に置いておきたいという欲求があります。

もし、自分の傍に置くものによって資産が変動すると考えたらどうなるでしょうか? 多くの人はお金が多く入るものを傍に置きたがるでしょう。

株を好きになるのは資産が増える物を自分の傍に置くのと同じです。どんどん株を好きになって、たくさんお金を集めていきましょう。株を保有するのは新たなお金を手に入れるのと同義なのです。


スポンサードリンク