株はお金がなる木

LINEで送る
Pocket

資産を増やしたいと思う方は、株のことをお金がなる木だと考えるのが良いでしょう。株式投資はお金を増やす行為ですが、あなたは株を買うことによってお金のなる木を購入しているのと同じと考えてみてください

ファンタジーの世界ではお金のなる木が存在していますが、現実には存在しないと考えている方も多いようです。

しかし、現実世界でもお金のなる木は存在します。

それはという名前の木です。

株という名前の金融商品は水やりも肥料もいらない、ただ自分が保有しているだけでお金という実をつけてくれる素晴らしい存在です!

株をたくさん購入するという行為は、お金のなる木をたくさん植えているのと同義です。1本より2本、2本より3本と、お金のなる木を増やせば増やすほどお金という実の収穫量が増大します。株もこの理屈と同じなのです。

1株より2株購入した方が配当金の額は大きくなります。配当金が支払われる株を少しずつ増やしていくのは、自分のお金のなる木を増やしているのと同じです。しかも面倒くさい水やりをする必要がないので、お金のなる木より株の方が優れていると考えられます。


株式投資を始めなければお金のなる木を手に入れることはできません。お金のなる木をいくつ購入するか?という問題がありますが、できるだけ多く買った方が収穫量はアップします。

そのため、株式投資で大きな収入を手にしたいと考えている方は、株という名のお金のなる木をできるだけ多く購入した方が良いのです。

現実の世界でも木の個体差によって収穫量に差が生じますが、株式投資でも同じことが言えます。

たくさんの配当金がもらえる株を手に入れるのは、たくさん実をつける木を購入するのと同義です。できるだけ多くの収穫が期待できるように、財務状態が健全で配当利回りの高い株を選んだ方が良いでしょう。


スポンサードリンク