頭と尻尾はくれてやれ

LINEで送る
Pocket

頭と尻尾はくれてやれとは、無理に最安値で株を購入することを狙わず、最高値で株を売ることを否定する投資格言になります。


理想を言えば最安値で株を購入し、最高値で株を売却するのが1番です。

しかし、これは実現するのが難しい理想論であり、株式投資で安定して勝ち続けたければ「頭と尻尾を狙わない戦略」が重要になるのです。

それなりの利益を得られたら株を売却し、利益を確定させるのが得策になります。

最高値で株を売却しようとすると「急激に株価が下がるリスク」も考慮しなくてはいけません。株が最高値まで向上したら次に訪れるのは暴落であり、買い圧力が強い時期に株を売って利益を確定するのが得策になります。

「頭と尻尾はくれてやれ」という格言は安定して勝ち続けるために重要となる言葉です。

真ん中を狙うだけでも株式投資で儲けることは可能です。最安値を狙って株を購入する意識を保つのは重要になりますが、最安値を分析するのは非常に難しいのです。「今が最安値だ!」と思っても2番底が訪れることはよくありますし、株式投資は完璧を目指すジャンルではないのです。

私が思うに、「頭と尻尾はくれてやれ」という格言の本質を分析すると、「欲張り過ぎない」という真理にたどり着くのではないでしょうか。頭と尻尾を狙うのは欲張った行為であり、欲を出すと買い時や売り時を逃す結果に繋がります。

株式投資で最も恐れなくてはいけないのは「機会損失」です。

底値を狙いすぎて株の購入機会を逃すと機会損失が発生し、得られる利益を失う結果に繋がります。

逆に株を売却するときに最高値を狙うと貴重な売りどきを逃すことがあります。

株価というものは「上がるのは遅いけど、下がるときは急激に下がる」という法則があります。最高値を狙いすぎるとあっという間に株価が下がることはよくあるため、頭と尻尾は狙わない方が良いのです。

本当に上手い投資家は「頭と尻尾にこだわらず、真ん中を狙って勝ちを積み重ねていく投資家」です。欲張りすぎず、適正な利益を出し続ければ株式投資で高勝率を維持することは可能です。


スポンサードリンク