利食い千人力【りぐいせんにんりき】

LINEで送る
Pocket

利食い千人力(りぐいせんにんりき)とは、無理に含み益の拡大を狙わないでできるだけ早く利益を確定させろという意味の格言になります。


この利食い千人力という格言は非常に重要で、「含み益は利益ではない」ということを意識するために覚えておきたい格言になります。

いくら含み益を抱えていても株を売らなければ利益は確定しません。

含み益が生まれ、「もっと株が上がるだろう!」と思って株を放置していたら含み益が消えていることはよくあります。私も何度も経験があるのですが、含み益を生み出していた株がいつの間にか含み損を抱えていたケースは幾度も体験しました。

つまり、「利益を貪欲に追い求めるのではなく、そこそこ含み益を得たら早々に利益を確定しましょう」というのが利食い千人力の本質になります。

利食い千人力を意識しすぎて少し株価が上がっただけですぐに利益を確定するのは考えものですが、「株は売らないと利益は確定しない」という基本原則を覚えるのにこの格言は役立ちます。

「利食い千人力とかそれ以前の問題で、含み益が得られないんだけど……」と考えていらっしゃる方も多いと思います。

そういう人はまず含み益を出すことを考え、株を長期保有するのがお勧めです。

株は非常に流動性が激しいので、今抱えている含み益があっという間になくなってしまうことがよくあります。私の場合、TBKという株で14万円の含み益を抱えていましたがいつの間にか1万5000円の含み損を出していた経験があります。

もし、私が利食い千人力の格言を守って14万円の含み益が出た段階で株を売却していれば、確実に14万円の利益を手に入れることができたのです。「欲張りすぎると良いことはないですよ」という格言として広く知れ渡っているのが利食い千人力です。

「株は売却して初めて利益になる」という基本を我々投資家は忘れてはいけません。

含み益が増え続けると良い気分になって「もっと株価が上がる!」と楽観視することが多いのですが、油断は禁物です。

含み益は「幻」だと思った方が良いのです。

パソコンの画面上でお金が増えているだけの話であって、株を売らないと利益を確定するのは不可能です。いつ消えるか分からない含み益に振り回されないでください。

精神の秩序を保ちたければ「利食いを実行し、利益を確定する」のがお勧めです。

利食い千人力はデイトレーダーやスイングトレーダーに覚えてほしい格言になります。

長期投資家や中期投資家は「会社の業績に合わせて株価が変動する」という原則を意識してください。つまり、外部要因で株価が上がっても浮かれずに「この会社の業績は今以上に向上する」と確証がある場合、わざわざ利食いする必要はないのです。

利食い千人力を意識しすぎて優良株を売却すると、安い値段で株が買えないという事態が引き起こされてしまいます。

含み益は利益ではなく、「まだ何も手にしていない状態」です。本物の利益を手に入れたければ利食い千人力の格言を思い出し、株を売却することをお勧めいたします。


スポンサードリンク