投資家の心理を分析して、勝率を高める

LINEで送る
Pocket

株式投資の勝率を高めたければ、負けている投資家の心理を分析するのがお勧めです。結果は全て必然であり、悪い結果を引き寄せてしまうのは何かしらの原因があるのです。投資家の心理を分析することによって、良い結果を導き出すためのヒントを探ることができます。

賢者は愚者から学ぶことはできますが、愚者は賢者から学ぶことができません。

一流の投資家は愚者から様々なことを学び取ることができます。ここで言う愚者の定義とは、株式投資で負けている人のことを指します。株式投資で負け組みに属している人たちは負けるパターンが存在していることに気づいていません。

例えば、人間には損失回避をするという心理があります。2万円を儲けるチャンスを手に入れるよりも、1万円を失わないように努めるのが一般的な人間の心理になります。

株式投資で利益が出たらすぐに売却する人が多いのは、利益を確実に手に入れたいという心理が働くからです。利益が出ているうちに株を売却すれば、含み損を抱えて損失を出すことはありません。利益を出すことを1番に考えているのではなく、損失を回避することに対して重点を置いているのです。

このように、人間の心理は必ずしも合理的であるとは限りません。


「今株を買えば必ず値上がりします。少なくとも5万円儲けられる可能性が高いでしょう」と、証券会社のセールスマンが営業してもほとんどの人は相手にしません。

しかし、損失を回避しようと思ったらどうでしょうか?

「あなたの持ち株は悪材料が出ているので、今まで以上に株価が値下がりする可能性が高いです」と言われたら誰でも不安になります。少なくとも、本当に悪材料が出ているのか調べることはするでしょう。

このように、人間は利益を得ることよりも損失を回避することを重視します。

損失を避けるために株式投資をしても大きく儲けることができません。ここに、一般投資家が儲けられない原因が隠されているのです。

投資家の心理は似通っていることが多く、心理を分析することによって負けパターンを知ることができます。この負けパターンを知ってしまえば、自分は負けパターンを回避するように努めることができるので必然的に勝率は高まっていきます。

知らないのは罪です。

株式投資で勝つためには投資家の心理を分析する必要があります。含み損を抱えたときの投資家の心理と、含み益を抱えたときの投資家の心理は全く異なります。

含み損を抱えたときは損を確定したくないという心理が生じ、なかなか損切りをすることができない傾向があります。

しかし、今株を売れば利益が確定するという状況が訪れたとき、多くの人はすぐに株を売却してしまいます。もう少し待てばもっと多くの利益を上げられる可能性が高いとしても、株が値下がりする前に売った方が良いと「損失回避の心理」が働くのです。

株式投資で勝ちたければ投資家の心理を分析しましょう。そして、投資家心理に惑わされない合理的思考を手に入れれば、株式投資で大きく儲けることができるようになるのです。


スポンサードリンク