投資家に必要なEQの高さとは何か?

LINEで送る
Pocket

成功を掴みたければIQよりもEQを伸ばす方が重要と言われているのは有名な説です。

http://www4.ocn.ne.jp/~miwa88/eq/eqtest.htm#sr3

上記のURLを踏むと自分のEQをチェックすることができます。私もチェックしてみたのですが、以下の様な結果が出ました。


ご覧の通り、「対自己EQ」は平均値よりも高い結果を残していますが、対他者EQは全て平均以下という結果が出ています。

自分でチェックしてもここまで結果が偏っているのは本当に面白いなぁと感じます。完全に私は「自分のことに関しては問題ないけど、他者との付き合い方には問題アリ」という結果が出ていることが分かります。

投資家に必要なのは「自己洞察」ではないでしょうか。

多分、このEQテストは最高得点が20点です。自己洞察に関しては19点という数字が出ていますが、投資家は「自己の感情を察知できる。自己理解をしようとしている」という能力が必須になります。

自己の感情を理解し、感情的なトレードを行わず、自分の現状を理解した上で行動を選択するのが望ましいのです。逆にこの数字が低い人は感情的なトレードをしやすいと考察することが可能です。

「スマートさ」というのも重要な能力の1つです。

これは株式投資に限った話ではないのですが、臨機応変に頭を切り替えるのはとても大切です。1つの投資先に投資していても様々な説を用意することが重要であり、1つの見解だけに縛られるのは絶対に行ってはいけないと思っています。様々な仮説を加味して投資先の実力を見極めれば、リスク分散を行うことが可能です。

更に注目したいのが「自己コントロール」

私は自己コントロールで18点(平均値は11.9点)という結果を出していますが、これも重要な能力だと分析しています。感情を抑制し、冷静な判断を下すのが株式投資では重要になります。感情的になってしまったら何事も負けですから。

EQの中核は「自己の感情を知ること」です。

>(1) 「自己の感情を知る」
自己の内面・感情をあるがままにに認識することは、EQの中核である。感情をモニターする能力は自己認識に欠くことの出来ないものである。自分の本当の感情を把握出来ない様であれば、人生の荒波に流されてしまう。誰と結婚するかから、どの仕事に就くか迄の個人的な決断について、本当はどう感じているのかを確実に知ることが出来るからである。

①スマートさ 機敏さ因子…物事をテキパキこなす。臨機応変な頭の切り替えができる。 気配り因子…自分がいかにあるべきか,周りを把握した上で行動できる。 臨機応変な頭の切り替えと柔軟さは,EQ の芯になる重要な概念である。

出典 http://www4.ocn.ne.jp/~miwa88/eq/EQreport.pdf

株式投資は個人戦になるため、正直言って対他者EQはどうでも良いのですが、「人間関係を円滑に保ち、周囲と上手くやっていく」という上で重要な能力になります。

私は対他者EQがボロクソにダメなのですが、そうだろうなと思います。

人間関係は全て価値で決まると公言しており、無視することは悪くないと述べている辺り、「愛他心」が低いのは当然の結果だと思っています。こういう風に自分の悪いところも分析しているから逆に「自己洞察」は高いのですが、対他者EQは全然ダメですね!

要するに私のEQは「自分のことに関しては平均値以上の能力を保っているけど、他者と関わるスキルは全然ダメ」ということになります。株式投資に限って言えば自分に関するEQ能力が高ければ良いのですが、社会的に他者と円滑な関係を築きたければ対他者EQが高くないとダメです。

株式投資で重要になる能力は「対自己EQ」です。対自己EQを高めることが投資家として結果を出すために重要になるのではないかと思います。


スポンサードリンク