インキュベートの法則

LINEで送る
Pocket

インキュベートの法則とは、行動心理学で実証されている法則になります。

21日間意識して物事を継続すれば、それが潜在意識に染み付いて習慣になるというのがインキュベートの法則です。


人間は変化することに対して強い抵抗を示す生き物です。誰もが変化を嫌うので、変化を受け入れたければ行動を習慣化しなければいけません。行動心理学の観点から見ても、インキュベートの法則は真に正しいものとして認められているのです。

では、株式投資という分野でインキュベートの法則はどのように利用することができるのでしょうか?

私がお勧めしたいのが、毎朝株式投資に関する情報を仕入れるという方法です。朝、時間がなければ夜でも構いません。とにかく21日間継続して取り組み続けることが大切になるので、自分が習慣化したいと思っている事柄を意識して継続するようにしましょう。

株式投資を始めてもなかなか習慣化できずに悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。株をこつこつ買い集めるといっても、習慣として身についていなければ株を買うモチベーションも減退してしまいます。

しかし、インキュベートの法則を利用すれば誰でも株式投資を習慣化することが可能になるのです。株式投資を習慣化するメリットは以下の通りです。

1,自分の資産を増やすことができる

株式投資を習慣化する=株数を増やす。という単純な結果に繋がるので、株を買い続けることを習慣化すれば自分の資産はどんどん増えていきます。資産が増えていけば不労所得も増大していくので、必然的に収入も増加していくのです。

増加した収入は自分の好きなように使用しても構いません。新たな株を購入するための資金に充てるのも良いですし、趣味にお金を使っても良いのです。大切なのは21日間「資産を増やし続ける」ということを意識して行動することです。

インキュベートの法則を利用すれば、「お金持ちになるための思考」を身につけるために大いに役立ちます。お金持ちになる人は、お金持ちになるための行動が習慣化されているのです。

2,情報を集めるのが苦痛に感じない

株式投資に興味の無い人が経済ニュースを見ても苦痛に感じてしまいます。しかし、株式投資で儲けるという意識を抱いて21日間、経済に関する勉強を続けてみましょう。

経済の勉強と言っても、そこまで難しい内容に取り組む必要はありません。日経平均株価が向上している原因は何なのか? 今、業績が伸びている会社はどこか? この辺りの基礎的な情報を取り入れるのがお勧めです。

インキュベートの法則を上手く利用するには、まず自分が習慣化したい事柄に焦点を絞って21日間意識して行動し続けるのが大切になるのです。逆に言えば21日過ぎてしまえば、今まで続けた行動は完全に習慣化されるので苦痛に感じることはありません。

株式投資の習慣を身につければ、お金持ちに近づけたと言えるのです。

お金持ちの方は投資という習慣が身についている人が大半です。一般人の方にとって、株式投資の習慣をつけるというのはあまり馴染みのないことかもしれませんが、「大衆と同じことをしないからチャンスが掴める」と前向きに考えてみてください。

インキュベートの法則を利用して、株式投資を習慣化させましょう。


スポンサードリンク