間欠強化【安定しない報酬がやる気を生み出す】

LINEで送る
Pocket

間欠強化とは、確実に貰える報酬よりも不確実な成功報酬の方がモチベーションが上がるという心理になります。(別名、間歇強化)


例えば安定配当を支払っている株を購入し、毎年安定した配当金を狙い続けるよりも、「株価の向上で利益を得る売却益狙いの投資」の方が嬉しいのです。これは間欠強化の心理が働いており、人は「不確実な報酬」に魅力を抱きます。

株式投資の醍醐味は何と言っても売却益でしょう。

人が売却益に魅力を抱くのは「不確実な報酬」が好きだからです。売却益狙いの投資を実行しても、いつ売却益が手に入るかが分かりません。

売却益は不確定な報酬だからこそ、利益を得たときの喜びが大きいのです。株式投資にハマっている大半の人は「売却益」を魅力だと感じているはずです。

安定した収入は面白くないのです。

会社勤めをしている人は理解していただけると思いますが、毎月安定した給料を貰うよりも「臨時収入」の方が嬉しいと感じることの方が多いのです。

会社に勤めていれば給料が貰えるのは当たり前ですが、臨時収入は「予期せぬ収入」になるため、間欠強化が働いて喜びが大きく感じられるのです。

そのため、株式投資の面白さを知りたければ売却益狙いの投資を重視してください。

配当金だけを狙う投資もアリになりますが、配当金狙いの投資は間欠強化が働きにくいのです。人間は定期的に貰える収入よりも「時々貰える報酬」の方が魅力的だと感じるため、株式投資を心の底から楽しみたければ間欠強化の心理を理解する必要があります。

投機家が株式投資にハマってしまうのは間欠強化が働いているからです。

株を短期間で売買しても、売却益が確実に得られるとは限りません。売却益は「不確定な報酬」になるため、間欠強化が働きやすいのです。

逆に「絶対に売却益が得られる」という状況になると間欠強化が功を制すことはないので、不確実な収入を得ることを重視すれば株式投資はもっと楽しみやすくなります。


スポンサードリンク