株を選定するために作業興奮を利用する

LINEで送る
Pocket

投資先の株を選定するのが面倒くさいと感じる方は、作業興奮を利用するのがお勧めです。

作業興奮とは、心理学者であるクレぺリンが発見した発見した現象です。


多くの方は掃除機を利用して部屋の掃除をするときに、「面倒くさい」と感じます。掃除機をかけなくても良いや、後で掃除すれば良いやと考えるようになってしまい、結局行動しないということが多々あります。

しかし、一回掃除を始めてしまうと部屋の掃除に夢中になってしまうことがよくあります。実は、これは作業興奮が関係しているのです。

人間は脳の「側尖核」という部分を刺激しなければやる気は向上しません。この側坐核を刺激したい場合、実際に行動するのが1番になるのです。やろうやろうと考えていても側座核を刺激することができないため、なかなか行動力が湧かないのです。

1回作業を始めた後は作業興奮が働くことによって集中して取り組むことができます。

株を選定するときも最初は面倒くさいと感じる方が多いのですが、1度始めてしまうとどんどんのめりこんでしまうのです。

どの株を買ったら良いのか?

どういう株を保有していれば長期的に儲かるのか?

こういう風に、一度株の選定作業を始めるとどんどん作業興奮が高まっていきます。つまり、投資先の株を見つけるのが面倒くさいと感じている人は、その面倒くささを振り切って実際に行動してみるのが1番になるのです。

これは人間の本質的な部分であり、脳を刺激しないとやる気が出ないという点を利用しているだけなのです。

株式投資で儲けるために、これから先長く利益を上げてくれる株を見つけ出すのはとても重要です。作業興奮を利用すれば、集中して個別銘柄の分析に取り組むことができるようになるので、やる気が無いときはとりあえず行動する感覚で株を選定してみましょう。

株の選定にかかる時間は人によって異なります。1時間以上時間をかける人もいらっしゃれば、10分ほどで終わらせてしまう人もいらっしゃいます。時間をかければかけるほど良いというわけではありませんが、自分の納得のできる株を選定できるまで個別銘柄の情報を収集した方が良いでしょう。

株式投資は買い時を間違えなければ誰でも儲けることが可能です。買い時が良ければそれだけでたくさん稼ぐことができるのです。しかし、将来性を分析したいという方はある程度情報を集める必要があるので、作業興奮を利用して楽しく株を選定した方が良いでしょう。


スポンサードリンク