投資家心理が株価を動かす

LINEで送る
Pocket

株価は投資家の心理によって動いていることを理解しなければいけません。


株式投資は「心理戦」と言われており、投資家心理が株価を大きく動かす事実を把握する必要があります。減益発表や下方修正などのニュースが流れたときに株価が敏感に反応するのは「株を売りたいと思う投資家心理」が働いているからです。

これは極論ですが、減益決算が発表されても誰も株を売らなければ株価は下がりません。

しかし、減益決算を打ち出されると個別銘柄の株価は大きく下げます。

株価が一瞬で下がってしまうのは「減益決算に嫌気が差した投資家が株を失望売りするから」であり、投資家の心理を加味した上で株を取引するのが賢明になります。

ここで覚えておいて欲しいのが、「投資家の心理は敏感である」という事実です。

長い目で見たら一時期減益決算になっても気にする必要はないのですが、大抵の投資家は「短期的な値上がり」を期待しています。

そのため、一時的に減益になると予測が立てられたら「この株を保有するのは望ましくない」と判断し、株が沢山売られてしまうのです。

この事実を理解した上で「短期間の株価を意識した短期投資」を実行するか、「直近のニュースに反応しない長期投資」を継続するか戦略を定めなくてはいけません。

私がお勧めしているのは「勝率が高い長期投資」になりますが、迅速に儲けたいという人が大半なのでどうしても最近のニュースが気になってしまう傾向があります。

一時的に株価が下がっても来年業績を回復させれば株価は緩やかに向上していくので問題ないのですが、「長期戦略を取っていない人は未来の業績を考慮しない」のが真実になります。

そのため、株を売りたくないと考えている人は「悪いニュースが発表されたときは株を買う」のがお勧めです。

含み損を抱えても動じる必要はありません。

最初から長期戦覚悟で株を保有しているのですから、購入平均単価を下げてより多くの株数を保有すれば良いのです。株を保有している間は配当金を受け取り、「他の投資家心理に惑わされない投資スタイル」を身につけるのが1番堅実に儲ける方法になります。

短期売買にこだわっても良いのですが、「短期売買に固執しすぎると悪いニュースが流れたときに損切りする必要がある」のがデメリットになります。

短期売買で必要なのは投資家心理を読み解く力です。

一般的に株というものは悪いニュースが発生したら一瞬で株価が暴落しますが、良いニュースが打ち出されても株価が向上するのは緩やかです。そのため、大きく儲けたければ「長期投資を実行して株価が値上がりするのを待つ」のが得策になります。

私が分析した限り、投資家心理というものはかなり敏感過ぎると感じています。

優良株の狼狽売りが発生するのは「ネガティブな投資家心理」が働いているためであり、長期投資家は「投資家心理を理解し、逆手に取った戦法を通じて利益を得る」のが得策になります。

例えば5年単位で株を保有する場合、今年の業績をそこまで気にする必要はありません。

「今年の業績が悪くても5年単位で業績が回復すれば良い」と考え、減益が発表されたら逆にチャンスだと捉えるのです。減益決算は株価が下がり、株を安く購入する絶好の機会になるので「長期投資で勝ち続けたければ他人と逆のことをする」のが賢明になります。

1番やってはいけないのが「投資家心理に左右されること」で、自分の戦略を維持しないで株価の暴落に負けて株を売るのが1番タブーとなる行為です。

投資家心理は本当に単純で、「良いニュースが流れたら買い需要が高まって株価が上がる」ので、悪い情報が発生した後は株を買い、良いニュースが出現したら利益を確定するだけで株式投資で勝つことができます。

勿論、良い情報を入手しても株を売る必要はありません。

「株は配当金だけで利益を得ることができる」という事実を理解すれば、直近のニュースに動揺する必要はなくなります。

本当に勝ち続ける人は「大多数の投資家心理を理解し、投資家心理を把握した上で逆の行動を取れる投資家」に限られるので、株価の動きを把握する上でも投資家心理について勉強した方が良いのです。


スポンサードリンク