プロスペクト理論【利小損大の心理】

LINEで送る
Pocket

プロスペクト理論とは、「人間は損失のショックの方が大きく、利益を得たときの喜びの方が少ない」という理論になります。

この理論を解明したのはダニエル・カーネマンとエイモス・トヴァスキーで、「人間は本能のまま行動すると利益を早めに確定し、損失を拡大する傾向がある」のです。


(ダニエル・カーネマン)

多くの投資家は「株で含み損を抱えたときは損を確定するのを嫌がるから損切りはしないが、利益を得たときは早期に利益を確定させる心理」が働くことが実証されています。

つまり、人間は損失を過剰に恐れる傾向があるのです。

株式投資で100万円儲け、その後株式投資で100万円損したとします。

この場合リターンは0円でプラスマイナスゼロですが「100万円損した」という事実が足を引っ張ってショックを受けてしまうのです。

100万円儲けることよりも100万円損した事実の方が記憶に残りやすいのが人間の本質です。株式投資で利小損大の原理が働くのは「利益は早めに確定し、損失を抱えたら株を放置する」から利小損大の結果を招いてしまうのです。

株式投資で儲けたければプロスペクト理論を理解して「利大」を狙わなければいけません。

含み益を抱えても早期に利益を確定するのではなく、利益を伸ばす戦略を貫くのがお勧めです。

こういうことを言うと「利大損小」を実行するために早期に損切りすべきだ!と述べる人が増えるのですが、私は損切りを推奨していません。

確かに損切りをすれば含み損の拡大を防ぐことができますが、何度も損切りしていたら損切り貧乏になって資産が減ってしまいます。

デイトレーダーやスイングトレーダーは「利大損小」を実行するために損切りを行なう必要がありますが、中期投資家や長期投資家は損切りを無視した方が良いのです。

挽回不可能な悪材料が出ない限り、損切りは封印しておくのがお勧めです。

プロスペクト理論は正しいです。プロスペクト理論が示すデータ(人間の本能のまま)行動すると、「利小損大」が常となるのでこの流れを断ち切るのが重要になります。

要するに含み益を抱えてもすぐに利益を確定するのではなく、「株価の向上をじっくり待つ利大戦略」を採用する必要があるのです。含み益を抱えたときはすぐに利益を確定したくなりますが、これは利小損大の心理が働いているので注意する必要があります。

長期投資家は薄利を避けなければいけません。

自分の感情や本能のまま取引を続けても「利小損大の心理」が働いて思うような利益を得ることができないので、人間心理を理解した上で株を長期保有するのが重要になります。

ちなみに、この理論を発表したカーネマンはノーベル賞受賞者です。

「人間は過剰な防衛本能を発揮する」という心理を理解しなければいけません。早めに利益を確定したがるのは「利益がなくなるリスクを避けるため」であり、利益がなくなる恐怖に負けて多くの投資家は利食いを行ないたがるのです。

長期投資は「時間をかけて大きく儲ける」のが基本になるため、利益が少ない状態で株を売却するのはお勧めできません。

プロスペクト理論を理解した上で自分のトレード実績を振り返ってみてください。


スポンサードリンク