プロスペクト(3528)を1万5000株持っている株主からのメッセージ

LINEで送る
Pocket

>差出人: 羽生(仮名)

題名: いつも楽しみに拝見しています!

メッセージ本文:
岡本様

はじめまして。突然のメール失礼します。
いつも株式投資.jpを拝見させていただいております羽生と申します。

少し自己紹介をさせていただきますが、
私は1990年生まれの24歳で、とある企業で財務・経理を担当しております。

高校卒業と同時に15万円を元に株式投資をはじめ、現在投資歴は5年となります。
一番最初に購入した株は当時、一時的に円安が進んでいたという理由だけで、宇徳(9358)を500株でした。

その後2ヶ月くらいで20%上昇したところで売却し、3万円というわずかな額ですが利益を上げることができ、自分は天才なんじゃないかと自惚れてしまいました(笑)

その後もスイングトレードを中心に順調に資産が増加し続け有頂天になっていたところ、東日本大震災の影響で暴落し、資産のほとんどを失ってしまいました。

それ以降、遅ればせながらも真剣に株式投資について勉強し始め、ようやく200万円位まで資金を戻すことが出来ました。

そういった紆余曲折があり現在は中長期投資を中心としており、2013年の8月頃から、グローベルス(現・プロスペクト)(3528)を調査し、胡散臭いが低位株の中でも上昇可能性がありこの安値で配当を支払っているという点に好感を抱き、50円代前半になるたびに少しずつ買い集め、保有株数は1万5000株まで増加しました。

そんな折、プロスペクト関連の記事で当サイトの存在を知り、拝見させていただきました。
岡本様は自分とほとんど年も変わらないのに非常によく勉強されていらっしゃるなと感じ、また投資に対するスタンスや意見に関してもとても感銘を受けました。
また、それと同時に同年代の投資家の存在に親近感を覚え今回 激励の意を込めてメールさせていただきました。
今後とも、ぜひがんばって下さい。心より応援しております。

文末にはなりましたが、駄文・長文ご容赦ください。

 

羽生様、メールを送ってくださりありがとうございます。

 

>高校卒業と同時に15万円を元に株式投資をはじめ、現在投資歴は5年となります。
一番最初に購入した株は当時、一時的に円安が進んでいたという理由だけで、宇徳(9358)を500株でした。

その後2ヶ月くらいで20%上昇したところで売却し、3万円というわずかな額ですが利益を上げることができ、自分は天才なんじゃないかと自惚れてしまいました(笑)

 

いや、これは素直に凄いです。

 

宇徳株を購入して2ヶ月で20%ものリターンを得たのは素直に凄いです。尊敬します。私は投資で重要だと思っているのは勝率とリターン率であり、リターン率が高い投資を実行している人は優秀だと考えております。

 

利益額は3万円ということですが、少額投資で3万円もの資金を得たのは誇れるべき事実だと思っております。

 

>その後もスイングトレードを中心に順調に資産が増加し続け有頂天になっていたところ、東日本大震災の影響で暴落し、資産のほとんどを失ってしまいました。

 

この文章が少し気になったのですが、スイングトレードを中心に資産を増やし続けていたのですよね?

東日本大震災が起こる前も日経平均は低迷していたのにもかかわらず、よくスイングトレードを中心に勝ち続けることができたなぁと驚いております。

 

まずその点が素晴らしいと感じました。

 

更に言えば24歳で200万ものお金を手にしていること自体が凄いと考えております。20代の平均貯蓄額は342万円だと言われていますが、中央値は129万円です。

ソース http://www.chokin-ginko.com/kiso/chokingaku.html

 

まあ、129万円の貯金を持っている20代の若者がどれだけいるかという点もかなり疑問ですが……。

 

今の日本はかなり格差が広がっているので、大きなお金を手にしている人もいらっしゃれば、貯蓄額がゼロという若者も少なくありません。といいますか、私の同年代の友人は貯蓄額は100万円以下です(笑)

 

 

>そういった紆余曲折があり現在は中長期投資を中心としており、2013年の8月頃から、グローベルス(現・プロスペクト)(3528)を調査し、胡散臭いが低位株の中でも上昇可能性がありこの安値で配当を支払っているという点に好感を抱き、50円代前半になるたびに少しずつ買い集め、保有株数は1万5000株まで増加しました。

 

凄くよく分かります。

プロスペクトの良いところって、低位株であるのにもかかわらず配当金を支払っているところなんですよね。1株1円の配当になりますが、配当は貰えるだけ嬉しいもの。安値で配当を支払っているという点は、私も投資を決断する上で十分参考にさせて頂きました。

 

それにしても50円代前半で買い増しを続けたということは、今は相当含み益が出ていますね! 

 

おめでとうございます!

 

私はよくプロスペクトの株主からメールを頂くのですが、笑ってしまうのが皆が皆「プロスペクトは胡散臭い」と言っているところなんですよ(笑)

 

確かにプロスペクトの動きは謎に包まれていることが多いです。

 

私はプロスペクトが従来の不動産販売会社から「金融関連企業」に変貌するのではないかと予測しています。他の記事ではカーティスが不動産再編を狙っていると予測していますが、プロスペクトの規模で不動産再編を成し遂げることができたら凄いですねー。

 

ただ、夢物語ではない気もします。

 

カーティスの取っている行動、M&Aを積極的に行っています。多角経営を成し遂げるためのM&Aもありますが、アセットマネジメント事業で稼いだ利益を活用して「カーティスが本当に欲しいもの」を手に入れるために行動するのではないかと予想しています。

 

その本当に欲しいものというのが不動産業界再編であれば、今後もM&Aを加速していくと予測しています。徹底的に割安株に投資し、着実に利益を得るカーティスマジックは私も高く評価しています。

 

プロスペクトが胡散臭いのは事実ですが、カーティスが優秀であるという事実を覆すことはできません。


経営手法、投資手法は攻撃的。不可解な動きを見せつつも、野望を達成するための試金石として増資を決断したのか、真相は時間が知らせてくれるでしょう。

まあ、普通に太陽光発電ビジネスを始めたとしても得られる利は大きいので、それはそれで構わないと思います(笑)

 

>また、それと同時に同年代の投資家の存在に親近感を覚え今回 激励の意を込めてメールさせていただきました。今後とも、ぜひがんばって下さい。心より応援しております。

 

ありがとうございます。羽生様から激励のメッセージを頂き、私はとても感動しています。

 

羽生様、この度は本当にありがとうございました。

 

今後共、どうぞよろしくお願いいたします。

 

岡本 隆寛


スポンサードリンク