アニコムホールディングス(8715)の将来性はどうか?

LINEで送る
Pocket

この記事は、

三菱UFJフィナンシャル・グループはどう思う?

の続きの記事です。

>差出人: 橋本(本人のプライバシーを守るために仮名にしています)
題名: ご質問です。

メッセージ本文:
岡本さま

初めまして、橋本と申します。

この株式投資.jpに出会ってから、私の株式投資に対する考え方が
完全に変わり、私に合う投資方法を見つける事ができました。
ありがとうございます。
そして各銘柄の細かい分析を拝見して、自分自信でもなるべく
分析するように心がけるようになりましたし、
自分の好きな銘柄以外は購入しないようになりました。

ただまだ自信もなく、岡本様のご意見も伺いたいと思い
メールさせて頂きました。

三菱UFJフィナンシャルホールディングス(8306)
アニコムホールディングス(8715)

上記2銘柄について岡本様のご意見を参考に頂戴できないでしょうか?
三菱は比較的好きな会社で、株価を見ても割安性だと感じており、
安定した利益や配当も行っているようです。
が、人気がないのかあまり動きがなく、何故人気がないのか、不安になる事が
あります。
アニコムはペット保険の会社で、私もペットを飼っていて、保険の重要性を知っているために成長性を重視して購入しましたが、こちらもあまり動きが無いため、気になりかけております。

もし可能でしたら、お時間有る時にでも分析頂けますと幸いです。

今後ともよろしくお願い致します。

橋本様、分析が遅れてしまい申し訳ありません。さっそく、アニコムホールディングスの将来性について私の意見を述べさせていただきます。

質問内容から察するに、橋本様は将来性を重視した「成長株戦略」を採用しているのだと思います。

アニコムホールディングスの掲げるビジネスモデルは大変ユニークで、「日本初のペット専門損害保険会社」を実現しているのは個人的にかなりポイントが高いです。将来業界が成長し続ければ「ペット保険のパイオニア」として大躍進を果たす可能性が高いと見ています。

成長企業を分析したければ、市場の成長力も調べなければいけません。

新市場であるペット保険市場は200億円市場(2013年のデータ)に発展しており、「市場のパイが増えている」のが特徴的です。

成長市場に属しているので事業の将来性は高いと思います。(アニコムホールディングスが市場開拓を進めているから市場が成長しているという事情もあります)

また、橋本様は「ペットを飼っているから、保険の重要性を知っている」とおっしゃいましたが、私も橋本様の意見に同意です。

今後、高齢化社会が進むにつれて「家族同様の存在であるペット」が注目されると考えています。犬や猫など、ペットの種類は幅広いのですが「家庭内の愛を満たす存在」としてペットの注目度は増すと予測しています。


しかし、ペットは治療代が物凄く高いです。

橋本様のおっしゃるとおり、ペットを大切にする人ほどペット保険に加入すると思います。そういう意味で考えると「ペット保険ビジネスは確実な需要がある業界」だと思いますが、私はここに弱点が潜んでいると考えています。

ペット好きな人は本気でペットの健康を願っています。

逆に言えば「ペットに対して過保護」な人も多く、そういう人は保険に加入して頻繁に病院を利用する可能性が高いです。

そもそも気軽に病院に通うためにペット保険を利用するのですから当たり前と言えば当たり前ですが、「ペット保険が頻繁に利用されるため、収益力が強いのか疑問を抱く」のが本音です。

保険会社の理想は「保険に加入し、病院をあまり利用しない人を増やす」ことです。そうすれば保険金支払額を少なくすることができますし、手間や人件費も削減することが可能になります。

人間対象の保険は上記の作戦が通用します。

具合が悪くなったか否かは自分である程度判断できるので、「調子が悪くないときに病院に行く必要はない」からです。

しかし、ペットの体調は飼い主からすれば非常に分かりづらいです。ペット保険に加入している人は、ペットの健康を確かめるために動物病院に行くのが多いのが現状です。

それ自体は悪いことではないのですが、保険会社の立場から物事を分析すると、「保険金を多く支払う必要のあるペット保険は、利益を得るのが難しい」と考えることも可能です。

ペット保険そのものは確かなニーズが存在しており、成長性も高いと思います。

【アニコムホールディングス株評価】

アニコムホールディングスの株評価ですが、アニコムホールディングスは成長株投資が向いています。

発展著しい業界に属しており、潜在ニーズを引き出す経営スタイルは高く評価することが可能です。

現在の株価は割高で割安株投資には向いていないのですが、「将来の発展に期待した成長株投資」を実行するのは得策だと思っています。橋本様の投資スタイルと私の意見は一致しています。

成長性に期待できる能力は秘めているので、成長株投資を実行するのは良い手段であると判断しました。

株としての弱点を挙げると、やはり株価が割高な部分でしょうか。

将来性に成長が期待できる株は多少割高でも仕方ないところがあるのですが、割高な部分を差し引いて成長力に期待する必要があります。


スポンサードリンク