投資家は健康的な食事に気を配った方が良い

LINEで送る
Pocket

以下のメールを頂きました。

 

>差出人: 小山(仮名)
題名: 優秀な投資家は食事にこだわらない?

メッセージ本文:
はじめまして。

 

私は30代後半なので岡本さんより年上になります。
株を始めたのは20歳です。
当時はネット回線はモデムからISDNに変わり始めた頃です。
ネット証券は下記が誕生したばかりでした。

 

 

「Eトレード証券」・・・今のSBI証券
「マネックス証券」
「DLJディレクトSFG証券」・・・今の楽天証券

 

 

ヤフーの株価がどんどん上がり始めた頃です。
ソフトバンクがイケイケだった頃です。
ITバブルが始まりつつあった頃です。
私の周りで株(ネット取引)をやってる人なんていませんでした。
20代の若者の興味と言えば「恋愛」、「車」でしょうか。
そんな時に私はネット環境が充実してない状態で必死で勉強してました^^
岡本さんのブログを読んで自分が若かった頃を懐かしく思います。

 

 

もちろん最初は大損しました。
学校を卒業してコツコツ預金してた200万円が半年で無くなりました。
とうぜんですが諦めずにまた一から貯めて今日まで頑張ってきました。

 

投資スタンスはチャートのみになってます。
株が下がれば業績も下がってくると思ってるのでファンダメンタル投資はやってません。
そして、株ではなく今のメインはFXです。
株も少しやってますが保有してる銘柄はほったらかしにしてます。

 

☆食事について

優秀な投資家は・・・・。
私は食事にはこだわってます。
「こだわる」=豪華な食事=高い食事 ではありません。
健康には気を使うという意味で私はこだわってます。
健康に気を使った食事にお金がかかるなら私はお金をかけますが。
実際はどうでしょうか?
食事にはお金はかかりません。

ハンバーガー、カップラーメン、、、、
お金をかけない食事=適当に食べる という印象を今回の記事で感じますが
そうではないと思います。

私は、納豆とお味噌汁とご飯とお茶が朝食です。
豪華ではありませんがカラダに良くて質素で贅沢だと思いますよ^^
運動もちゃんとします、汗もかくようにします、リフレッシュできるので
生活にメリハリがついてトレードに集中できます。

ハンバーガー、カップラーメン、コーラ、、、、こんな食事を続けることが
優秀なトレーダーの共通だとは思いません。
明らかに健康を考えると良くないですね。

豪華な食事をすることが良いとは思いませんが
食事にこだわらずにいい加減なものを毎日食べるのは良くないですね。
健康あってのトレードです。

これからもブログを読ませて頂きます。
よろしくお願いします。

 

小山様、メールを送ってくださりありがとうございます。

 

結論から述べてしまいますが、小山様のおっしゃることは実に正論だと思います。

 

特に、

>優秀な投資家は・・・・。
私は食事にはこだわってます。
「こだわる」=豪華な食事=高い食事 ではありません。
健康には気を使うという意味で私はこだわってます。
健康に気を使った食事にお金がかかるなら私はお金をかけますが。
実際はどうでしょうか?
食事にはお金はかかりません。

ハンバーガー、カップラーメン、、、、
お金をかけない食事=適当に食べる という印象を今回の記事で感じますが
そうではないと思います。

 

という文章なのですが、これは小山様が正しいです。

私は優秀な投資家は食事にこだわらない?という記事を書きましたが、正直な話「優秀な投資家は豪華な食事にこだわらない?」というタイトルにした方が良かったと小山様のメールを読んで感じました。

 

私が小山様の意見が正論だと思ったのは「食事にこだわらずにいい加減なものを毎日食べるのは良くないですね」という意見に共感したからです。

 

私はかなりズボラな性格で食事自体も簡単に食べられるもので済ませることが多いのですが、理想を言えば小山様のように体に良い物を食べた方が良いと思っています。

 

 

>ハンバーガー、カップラーメン、コーラ、、、、こんな食事を続けることが
優秀なトレーダーの共通だとは思いません。

 

私もそう思うのですが、1流投資家のB・N・Fとバフェットが本当に全く贅沢な食事にこだわっていないので今回の記事を書かせていただきました。

 

バフェットとB・N・Fが特殊なだけで他の優秀な投資家は食生活にこだわっているのかもしれませんが、他の投資家の食生活はあまり知らないのです。

 

バフェットに関しては本気でコーラばかり飲んでいるお爺ちゃんで、バフェットの偏食振りは投資家の間で有名になっています。

 

 

>私の周りで株(ネット取引)をやってる人なんていませんでした。

 

 

そうだと思います。憶測で物事を語って申し訳ないのですが、小山様の周りでネット取引を行っている人が少なかったのは「手数料の高さ」も関係していたのではないでしょうか。

 

ただ単に株が興味なかったという可能性もありますが、昔は本当に手数料高かったという記事を見たことがあります。

 

 

>「あと、楽天証券で、現物買いだと、手数料が、2625円もかかるけど、
 信用買いだと、735円しかからず、安いんですよ!」

出典 http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/kabuFrame.html

 

上記の文章ははじめての株日記から引用させていただきましたが、このブログ面白いです。

 

昔はネットトレードも手数料が半端なく高かったので、今は本当に良い時代になったなあと思います。

 

それにしてもITバブルとは本当に懐かしいですね……。

 

 

今はソーシャルゲームバブルでしょうか?

 

私は残念ながらソーシャルゲームで遊ぶ時間がほとんどない(そもそもソーシャルゲームを面白いと感じたことがほとんどない)ため、ソーシャルゲーム株を買って儲けることはできなかったのですが、追加緩和の影響によって次は不動産ミニバブルが来ると予測しています。

 

何度も何度も不動産バブルが崩れ去ったのにもかかわらず、また不動産株に注目が集まるとは人間はこりないですよね……。私もそのこりない人間の1人であり、撤退時期を見誤らないようにして不動産株を徹底的に買いたいと思っています。

 

色々とまとまらない文章になってしまいましたが、小山様のおっしゃる「健康的な食事にこだわった方が良い」という意見は実に正論だと思います。

 

B・N・Fとバフェットは確かに優秀な投資家ですが、だからと言って彼らの食生活を真似する必要はありません。

 

 

本当は小山様のように「健康に良い食生活を継続した方が良い」と私自身も思っております。

 

小山様の意見と私の見解が投資家の方に役立てば幸いです。今回の小山様の意見は実に正論であると私は感じました。

 

岡本 隆寛


スポンサードリンク