東証マザーズに残るメリットは何なのか

LINEで送る
Pocket

>差出人: ぁばんぎゃるど 
題名: マザーズからの市場変更

メッセージ本文:
はじめまして、ぁばんぎゃるどと申します。

投資を始めようかという気持ちを引っ張ってくれた岡本さんのサイト、
今も変わらす拝見させてもらってます。

今回メールさせてもらった理由なのですが、
最近岡本さんがマザーズ銘柄評価をし始めているのを
拝見しましたので、少し意見を頂けたらと思いさせて
頂きました。

マザーズ市場で10年ルールというのがありますが、
長期運用を基礎としている岡本さんの考えとして
東証二部もしくは東証一部へ市場変更を見越し
マザーズ銘柄に投資するのが基本なのでしょうか?

もう一つ意見を聞かせてください。
10年経った後市場変更しても問題ない銘柄が、
マザーズに残るメリットとは何なのでしょうか?
そのような銘柄に投資するメリットとは?

投資を始めたばかりなので、素人な質問ですみません。
時間にかなり余裕がある時でよろしいので、
ご意見お聞かせくださいませ。

 

ぁばんぎゃるど様、メールを送って頂きありがとうございます。

 

>マザーズ市場で10年ルールというのがありますが、長期運用を基礎としている岡本さんの考えとして東証二部もしくは東証一部へ市場変更を見越しマザーズ銘柄に投資するのが基本なのでしょうか?

 

いやぁーこれはあまり意識していませんねー(笑)

そもそも私は長期投資家というイメージが強いのですが、結構頻繁に売買を繰り返しているんですよ。今年新興市場の企業に投資したのはシイエム・シイくらいじゃないですかね。

 

他は東証1部上場の大型株ばかりです。住友林業や積水ハウス、住友ゴム工業などに投資して利益を得ていますが、これらは短期・中期の範囲で投資するという戦略を取りました。

 

確かにマザーズ上場企業に投資して東証1部への鞍替えを目指すのもアリなのですが、そもそも私は新興ベンチャー企業に投資することは滅多にないのですね。成長性に長けた割高株は基本的に投資しないので、あまりマザーズ銘柄の株を買うことはありません。買っても面白いなーという銘柄はAランクという形で評価しています。

 

>もう一つ意見を聞かせてください。10年経った後市場変更しても問題ない銘柄が、マザーズに残るメリットとは何なのでしょうか? そのような銘柄に投資するメリットとは?

 

これはほんと、ケースバイケースだと思いますね。

 

例えば鞍替えしても問題のない会社が東証1部や東証2部に変更することがないのは、様々な戦略を立てたいからだと思います。

 

例えばマザーズで注目を集めている株があるとします。

 

この株はマザーズの王様という形で絶大な影響力を保っているのですが、東証1部や東証2部に鞍替えすると「当初持っていた注目度が薄れる」という可能性も考えられるわけです。

 

要するにマザーズに上場していれば注目されていたけど、東証1部や東証2部に鞍替えすることによって注目度が薄れる可能性があるのがデメリットです。(東証1部にはソフトバンクといった王様株が存在しますし)

 

勿論、東証1部に鞍替えしたことによって注目が高まるケースも多いので、本当にケースバイケースなんですよ。普通なら東証1部にさっさと移行した方が会社のブランド力や信頼性が高まるので良いのですが、わざと東証マザーズに残るという戦略を取る会社もありますね。

 

で、マザーズに残る銘柄に投資するメリットですが、何なんですかね……。

 

私は鞍替えをあまり意識しておらず、会社の業績やビジネスモデル、時流に乗っているか否かを重視しています。今後の成長性が期待できるのであればマザーズに残ろうが昇格しようがどちらでも良いと思うので、あまり市場変更というのは投資判断の基準として重視していません。

 

例えば今私は東証2部に上場している会社の株を持っていますが、これも別に東証1部への昇格を期待して買っているわけではないのです。昇格を狙って投資するのもアリだとは思いますが、私はそこまで重視しておりません。

 

ただ、東証1部への昇格を期待してマザーズや新興の株を保有するのは戦略としてはアリだと思います。

 

参考になりましたら幸いです。

 

岡本 隆寛


スポンサードリンク