プロスペクトとカーティスは最終的に何を狙っているのか

LINEで送る
Pocket

>差出人: ボレロ
題名: プロスペクト、カーティスの思惑について。

メッセージ本文:
岡本様、初めてメールを送らせて頂きます。
いつもこちらで記事を興味深く拝見させていただいております。
唐突にメールを送りつけて失礼千万なのは重々承知なのですが、どうしても岡本様のご意見を賜りたくてメールを送らせて頂いた次第です。

今回メールをさせて頂いた件についてなのですが、現在プロスペクトから仕掛けられているTOB,そしてカーティスの今後の狙いについてです。
結論から申します。
私はカーティスの今後の狙いは、金融、建設、不動産を中心とした一大コングロマリットの形成だと考えています。
そして今回の三社絡みのTOBはその第一歩だと考えています。
また、本日付で大東銀行の大量報告書でPAMIの持ち株が9%になりました。
ただ、仮に今回のTOBが失敗に終わった場合、大東銀行に今後TOBを掛けるのは会社規模(時価総額)、資金面で無理があると思います。
LBOを利用するにしても、豊商事で失敗していると金融機関も貸し出しを渋るのではと思います。
よって、今回の件については既に話が出来ていると思いたくなります。
そして、落としどころとしては三社を下に置く持ち株会社の設立を予想しています。

かなり妄想に近い事を申し上げましたが、博学な岡本様のお考えを聞きたくメールをさせていただきました。
もし宜しければ、お考えをブログで拝読させて頂きたく存じます。
長々のメールを失礼いたしました。
これからも岡本様のご活躍をお祈り申し上げます。

ボレロ様、メールを送って頂きありがとうございます。

私も結論から申し上げますと、ボレロ様の意見は的を射ていると思います。私はプロスペクトの行動を徹底的に分析してデータ収集しているのですが、やはりどう見てもプロスペクトはソフトバンクと似たような動きをしていると気づくことができます。

ソフトバンクは買収を通じて企業規模を大幅に拡大し、「攻めの経営戦略」を取って大躍進を果たした代表的な企業ですが、プロスペクトも攻めに転じて事業拡大を狙っているように感じています。

プロスペクトが経営の多角化を重視しているのは誰が見ても明らかです。

先物取引業への参戦やマンション販売、機動建設工業の貢献などを踏まえると金融・不動産というジャンルで拡大を狙っていこうとする思惑が見て取れます。

一大コングロマリットの形成というのも十分ありえる話で、これまでの行動とデータを分析すると「プロスペクトは多角化戦略を重視しており、M&AやTOBといった攻めの戦略で事業規模拡大を目指している」という事実に気づくことができます。私が1番に評価しているのはカーティスのM&A能力であり、この長所があるから株価を気にしないでプロスペクトに投資したいと思えるのです。

>そして今回の三社絡みのTOBはその第一歩だと考えています。
また、本日付で大東銀行の大量報告書でPAMIの持ち株が9%になりました。
ただ、仮に今回のTOBが失敗に終わった場合、大東銀行に今後TOBを掛けるのは会社規模(時価総額)、資金面で無理があると思います。

豊商事のTOBの件に関しては何度も当サイトで「プロレスではないか?」と言及しているのですが、今までの流れを見ているとますますプロレス臭くなってきました。

ボレロ様もご存知だと思いますが、カーティスは豊商事よりも次の戦略を練っていると考えています。その対象は大東銀行か、丸八倉庫のどちらかが可能性として濃厚かなーと思います。

もう情報が出回ってしまったので当サイトでも記載しますが、妄想となる根拠は存在するんですよね。

ソース http://citywire.co.uk/money/abenomics-isn-t-working-let-s-turn-activist/a784217

したがってボレロ様のおっしゃる一大コングロマリットの形成という意見も、様々なデータを分析して仮説を立てると十分ありえると考えております。

豊商事に関しては敵対的TOBにしては明らかにぽわぽわしていると言いますか、敵対的TOBを仕掛けられている割にはのんびりしており、自分で適正価格を公言している辺り緊張感がないなぁと思っています。私は今回のTOBは「建前上敵対的TOBだが、実際はただのプロレス」という可能性が高いと見ています。

正直に申し上げて今回のTOBはあかつき、豊商事、プロスペクトにとってデメリットがほとんどないんですね。

唯一のデメリットを挙げるとすれば豊商事の経営陣の立場が危うくなることでしょうか。しかし、カーティスは「現経営陣の取り組みを支持する」と述べていますし、この言葉を裏切ったら次に繋げることも難しくなるのではないかと思います。(当然のことながら豊商事経営陣の権力は劇的に減少しますが)

三社を下に置く持ち株会社の設立に関しては正直言って分かりませんが、私は普通にプロスペクトがTOBを成功させるルートを望んでいます。

そうしないと次に繋げることができないですからね……。まさか今回のTOBを成功させることができずに、次を狙うという手段を打ち出しても誰も相手にしないと思っています。

最初から結論をおっしゃり、的確に自分の意見を語るボレロ様は大変頭の良い方だと推測されます。こういう意見は大歓迎です。妄想であると記載されていらっしゃいますが、その妄想となる根拠もデータで示して自分の意見を述べる人はすべからず頭が良いと思っています。

久々に面白い内容のご意見を頂いて大変嬉しく思っております。

岡本 隆寛


スポンサードリンク