性善説と被害者的思考について

LINEで送る
Pocket

差出人: 高田(本人のプライバシーを守るために名前を仮名に代えてあります)
題名: 性善説と被害者的思考

メッセージ本文:
岡本様、初めまして、

高田と申します。
最近投資に関心を持ち色々なサイトを見ていたところ当サイトにたどり着き、色々な記事を拝読し勉強させて頂きました。まだ全ての記事を読み切れてはいないのでこれからもじっくりと勉強させて頂きたいと思っております。

読んでいて一つ質問させて頂きたくなった箇所がございます。
「山田昭男はなぜ最強の経営者だったのか」の記事にて

・日本人だけではなく、人類そのものの性善説を信じています。なぜならば人間には生まれながらの性格なんてないからです。アドラーも性格がないと断言したとおり、人の性格・思考なんて後天的なものです。だからいくらでも変えることができるのです。

「すぐに被害者振る人間と関わらない方が良い理由」に記載にて
・被害者思考の人間とは関わらない方が良い

とありました。自分も被害者意識の人間は最低だと思っています。またそのような人たちには関わらない方がいいと思っています。しかし、その人たちの性格、思考は本当にいくらでも変えることができるものなのでしょうか。自分は無理に近いと思っており、時には親類の人たちでさえそのような人とは距離を置こうとしています。

岡本様のお考えをお聞かせいただければ幸いです。

宜しくお願いします。

 

 

高田様、ご質問ありがとうございました。株の質問とは全く関係ないのですが、お答えいたします。

結論から申し上げると関わらない方がいいです。これは間違いありません。

人間の性格や人格は全て後天的によって決まります。これは「潜在意識」や「引き寄せの法則」について勉強していただければ頭の良い高田様ならご理解して頂けると思います。(マーフィーの法則なども潜在意識について言及していてわかりやすいですね)

人間は自分の性格は変えることができますが、他人が他人の性格を変えることはよほどのことをしないとできません。本人に変わる気がなければ変わらないのです。

他人を変えようとすること自体が間違いだと私は思っております。

他人を変えるのではなく、自分が変わる。

関わらない方が良いと断言する理由は、「自分にメリットがない」からです。私もそのような体験をしてきまして、今では関わらないのが正解だと認識しています。

1日は24時間で人生の時間も限られています。どうでも良い人間に対して時間を割く事自体が大きな損失であり、高田様のおっしゃるとおり、相手にする必要は全くございません。高田様の選択は非常に正しいです。

それと、私は数年前の自分と今の自分では考え方が丸っきり変わっております。色々とありまして、性格も正反対なまでに変わりました。

そのため、過去記事は読む必要がないと思います。なぜならば過去の私の意見は今の私からすると賛同できない部分もあるからです。

自分の時間が一番大切でございますので、自分の時間を大切にする選択を下すのが正しいと思っております。

普段はメールに返信しないのですが、今回は特別に返信させていただきました。

その理由は高田様が非常にまともで話の通じる頭の良い方だからです。

ですので、真摯にお答えさせていただきました。

こちらこそありがとうございました。

岡本


スポンサードリンク