ファーストエスコ (9514)の株はどう思うか?

LINEで送る
Pocket

>差出人: 井川(仮名) 
題名: ファーストエスコ

メッセージ本文:
2回目の投稿です。

前回もファーストエスコの吟味をお願いしました。

まさか、同じ業界のエナリスがこんなことになるとは思いもよらずに。
ホームページのお写真を拝見しましたが、まだお若い方だなぁとお見受けいたしました。
岡本さまは大変お強いですね。
荒らされてもいいと広い心で対応されてます。自分なら見るのもイヤになるでしょう。
私はこのホームページの銘柄分析が好きで大変参考になります。
タイミングで狙った訳ではありませんが、後吟味の程宜しくお願い申し上げます。

 

井川様、メールを送って頂きありがとうございます。

 

1回目のメールも拝見させて頂いたのですが、正直なことを申し上げると銘柄に関する個別質問は大変困ってしまうのです。

 

それは井川様が悪いという意味ではなく、私もできることならば持論を述べて解説したいのですが、「私の意見を全て参考にして株取引を行なってしまう」のが大変困ってしまうのです。

 

 

私自身はファーストエスコ株を売買していないので株価が上がっても下がっても良いのですが、井川様からすればファーストエスコ株の行方が心配で心配で仕方ないというのは深く理解できます。

 

 

井川様の気持ちを察すれば察するほど個別銘柄の件について回答するのが躊躇してしまうのです。

 

 

それはなぜかと言うと、井川様が私に対して上記のようなメールを送っている時点で「私に対してある程度の信頼している」と考えているからです。

 

 

その事実をしっかり把握しているため、私が私見を述べてしまうと井川様が私の言うことを全面的に信用して株取引をしないかということを危惧しています。

 

正直な話、株式投資は完全に自己責任の世界であり、私の言うことを信用しようがしまいが自由であり、大切なのは「自分の意志で株の保有や売却を決断すること」だと思っています。

 

 

株式投資の世界では誰も助けてくれず、常に孤独です。

 

お金を奪い合う側面があるからこそ、できるだけ人に頼らず、自分の力と意思で株や会社の本質を見極めて欲しいと思っています。

 

 

とはいえ、ここまで回答してしまった以上「ファーストエスコについて全く解説しません」というのは井川様にとって納得できないものと思えますので、私の意見だけを語らせて頂きます。

 

 

 

再度重ねて申し上げますが、私の意見はあくまでも「参考材料」として利用する程度にとどめてください。株の売買の責任は一切持ちません。また、私の意見を読んだ感想としてファーストエスコ株を保有していることに対する意識が変化したとしても、一切の責任を持ちません。

 

 

では、下記の文章からファーストエスコについて解説させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 


(ファーストエスコのチャート)

 

ファーストエスコのチャートの動きを見る限り、「今年1年で大きく株価が動いている」のが分かります。年初来高値は1475円で、年初来安値は597円となっています。

 

一時期株価が持ち直していますが、今は株価の下落傾向が続いているのがチャートを見ると分かります。これはファーストエスコが増資した影響が強く、増資は「1株の株価の価値を下げる」ので、投資家視点で考えると好まれるニュースではないのです。

 

ファーストエスコ、増資で21億円調達 新たな木質バイオマス発電所建設へ

 

 

基本的に増資というのもは「株の価値を下げる行為」に該当するため、投資家にとって嬉しいと感じる要素はあまりないのですが、増資して資金を調達することによって「将来の成長性に期待が持てる」のならばアリだと思っています。

 

ただ、私個人は増資を結構する会社は投資先として好みではなく、「株主の利益を重視した経営を行なっているのか?」と疑念を抱く要素になります。

 

これはファーストエスコに限った話ではないのですが、ベンチャー企業の株を購入する場合、取る戦略は2パターンが王道になります。

 

1つ目は将来性に期待して長期投資を実行すること。

 

井川様がファーストエスコを購入した理由は不明ですが、多くの人はベンチャー企業の株を買うときは「会社の将来性」を期待します。

 

 

むしろベンチャー企業にそれ以外の魅力はほとんどないと思っており、現にファーストエスコも無配当で予想PERが10.65倍、実績PBRが4.77倍で、株自体は割安ではありません。

 

 

配当金収入が期待できない以上、長期投資で儲けたければ「会社の将来性を評価すること」が1番重要になるのですが、逆に言えば将来性に関して疑念が生じた時点で戦略が破綻します。

 

私は会社の数字をとても重視する人間で、数字が伴ってないと株を買うことはありません。

 

 

「会社の将来性」という意味で見ればファーストエスコはかなり将来性が高いと思っていますが、数字を分析すると非常に微妙だと感じました。

 

2014年通期決算で大幅増益を成し遂げているのは注目に値しますが、来年度の業績予測が減益であり、自己資本比率も18.2%と低く、有利子負債額も38億900万円であるのは「長期で持つのは不安」というのが私の正直な感想になります。

 

 

2016年に電力自由化が押し寄せるのはファーストエスコにとって良いニュースであり、株価も「電力自由化に関しては織り込み済み」だと予測しています。

 

 

ファーストエスコの特徴を一言でまとめると、「将来性に期待するしかない」ということになります。

 

 

あ、短期売買なら別ですよ。

 

短期の株価の動きは会社の将来性というよりも、いかに出来高があって値動きが激しいかという部分に注目するので、長期投資を行うのであれば会社の将来性や数字に注目するのが賢明だと考えています。

 

 

私個人といたしましては、ファーストエスコは自分の投資スタイルに合わないので投資先の対象にはなりません。

 

 

これはファーストエスコが悪いと言っているわけではなく、「私と合わない」という意味になります。私は黒字経営を続け、財務状態が良く、安定配当を支払っている株を好むのでファーストエスコのように「将来性が1番の長所」という株は投資したいと思えないのです。

 

 

ファーストエスコの株主をバカにしているわけではありません。

 

 

投資家によって重きを置く基準は人によって異なり、「将来性」を多大に重視する人もいらっしゃれば、私のように「数字や割安性、取れる戦略の多様性」を重視する投資家もいるというだけです。

 

ファーストエスコは私の投資スタイルに合わないというだけの株であり、将来性に期待できるのであれば長期投資という戦略もアリだと感じております。ただ、財務状態の悪さは気になりますが……。

 

 

また、ベンチャー企業の株価は基本的に「将来性」で決まるため、必然的に株価の動きが激しくなる傾向があります。

 

 

株価が上がれば大儲けすることができますが、値動きの激しい株を初心者の方が保有するのは「メンタル」という意味で大変心配です。

 

株価の動向を全く気にせず、会社の将来性だけを評価する投資家だけがベンチャー企業の長期投資に向いていると思っています。

株価というものは上がることもあれば下がることもあって当たり前ですから、長期で株を保有するのであれば多少の株価の値動きに心を揺らがしてはいけないのです。

 

 

 

以上述べた意見は私の個人的な感想であり、「岡本隆寛がこう言っているから株を売ろう、株を買おう」とは決して考えないようにして頂けると大変助かります。

 

 

 

むしろ人の意見を素直に信じる人は株式投資に向いておらず、どんな情報に対しても「疑い、本質を見極めること」が投資家にとって必要な能力だからです。

 

 

また、これは全く関係のない話になるのですが、荒らされても良いと思っているのはある意味叩かれても仕方ないと自覚しているからです。


 

 

例えばこうして今回ファーストエスコについて自分の素直な分析結果を述べましたが、この記事を見て腹を立てる株主もいらっしゃるでしょう。「お前何様だよ!」と思われても仕方ないと思っています。

 

株サイトを運営している以上、自分にとって都合の悪い情報を流されたら腹を立てる気持ちは分かりますし、株の世界は完全な利害関係で成り立っているので私個人が叩かれる要素は非常に多いと感じております。

 

2chやヤフー掲示板、ツイッターなどで私が叩かれることは多々ありますが、それは叩いている人が悪いのではなく、「意見の相違」であると受け止めています。

 

 

叩く自由は誰でも保有している権利であり、私自身はいくら叩かれようと気にしないので自由に叩いて頂きたいというのが本音になります。

 

 

以上、株取引は完全な自己責任になるため、「信用できるのは自分だけである」という気持ちを抱いて株式投資を続けて頂ければ幸いです。井川様が大きな利益を得ることをお祈りさせて頂きます。


スポンサードリンク