不人気の戦略とブランド価値について

LINEで送る
Pocket

>差出人: 井川(仮名)
題名: 原付きの記事

メッセージ本文:
岡本様
いつも楽しく、楽しみに拝見させて頂いてます。
原チャリの件から、岡本様の嗜好が垣間見えて笑ってしまいました。
私生活のモノから株にいたるまで、徹底しているのはまさに称賛ものです。

この記事でなるほどなと思ったのは、不人気の戦略です。これは、正に考え方ひとつで
意味が出てくるものなのだどご教授頂きました。岡本様は人がどう見ようとご自身の価値観でものをみる、行動ができるかたなのですね。
お若いのに御立派です。
講演など計画ありましたら、お知らせ下さい。必ず出席いたします。(何処かの会社社長は講演ドタキャンでしたね~)

本格的な寒さに向かう時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。

 

井川様、大変励みになるメールを送って頂きありがとうございます。

 

実は私は未来工業創業者の山田昭夫さんを強く見習わせて頂いております。


出典 digital.asahi.com

この世には星の数ほど多種多彩な経営者が存在しますが、私が経営者の中で1番尊敬しているのは山田さんです。残念ながら山田さんは今年、多臓器不全で82歳という年齢で亡くなってしまったのですが、私は山田さんの思想・考え方を非常に参考にしています。

 

なぜ私が山田さんが好きなのか?ということに関してですが、山田さんは「社員にたんまりと給料を支払い、ボーナスもたっぷり払い、日本一のホワイト企業である未来工業(7931)」を率いていた実績があるからです。

 

私は山田さんのように「他の人に対して多くの利益を還元し、沢山の人を幸せにする経営者」が本物だと考えており、自分の利益だけを求めて他者に利益を還元しない人間は偽物だと思っています。

 

山田さんが素晴らしいのは、「大金持ちであるのにもかかわらず自分は質素な生活を送り、超ドケチとして生涯を全うした」という事実だと思っています。

 

山田さんは普通のケチではなく、「大切なことにお金を使う素晴らしいケチ」です。

 

社員の幸福を最大限に重視するために社員に高給を支払い、多くの人から信頼を集めている山田さんは日本が誇る偉大なる経営者として輝きを放っていると私は思っています。

 

山田さんは会社ではランニングシャツを着てスリッパを履いて会社内を歩き、「一般人が乗る乗用車」を使用して経費の削減に励んでいました。山田さん自身は贅沢に溺れることはなく、その代わりに社員や取引先に多くの利益を与えていました。

 

山田さんは本当に偉大な人物だと思っているのです。

 

私は山田さんを心の底から尊敬しており、山田さんの考え方・思考から多くのことを学ばせて頂いています。

山田さんが自分に対してケチなのは確かですが、演劇やコンサートを無償で提供したり、阪神大震災の際に、被災した電気工事店への請求を全てゼロにしたりと、「他の人が感謝する行動」を取り続けていたのが人として立派だと思うのです。

 

私は山田さんの足元にも及びませんが、山田さんの生き方を見習って今後も励んでいきたいと望んでいます。

 

>この記事でなるほどなと思ったのは、不人気の戦略です。これは、正に考え方ひとつで
意味が出てくるものなのだどご教授頂きました。岡本様は人がどう見ようとご自身の価値観でものをみる、行動ができるかたなのですね。

 

ありがとうございます。

こちらの件なのですが、私は贅沢にうつつを抜かすのは良くないと考えています。

 

贅沢は身を滅ぼすという言葉がある通り、どれだけ収入があっても贅沢な生活が日常化すれば危機が訪れたときに対処するのが難しくなります。

それは貯金が残っていなかったり、生活レベルを下げたりするのが難しいというのが理由になりますが、私は常に危機に備えて行動するように心がけています。

 

今の社会はブランドという価値が非常に重視されています。

 

私もブランド化戦略に励んでいるのですが、自分が物を購入するときにブランドにこだわることはほとんどありません。なぜなら大抵の商品は「ブランド」という付加価値がつくと割高になるからです。

 

例えばスターバックスのコーヒーはとても割高です。


出典 www.internationalreporter.com

スターバックスは「お洒落な雰囲気とスターバックスというブランド」が完全に確立されているからコーヒーの値段も割高なのですが、私は割高なコーヒーを飲みたいとは思いません。

 

確かにスターバックスのコーヒーはとても美味しいとは思いますが、あまりにも割高すぎるので私は1本60円の缶コーヒーで十分だと思っています。

 

ブランドの素晴らしさは私も認めます。

しかし、消費者の立場で考えると「ブランドという付加価値がついている商品は割高である」というのが現状になります。そのため、私は物を購入する際にブランド力が強い割高な商品はあまり好まないのです。

 

>講演など計画ありましたら、お知らせ下さい。必ず出席いたします。(何処かの会社社長は講演ドタキャンでしたね~)

 

ありがとうございます。現在のところ、講演等の計画は全くございませんが、もし計画が発生した場合はすみやかにお知らせ致します。

 

この度は心遣いが暖まるメールを送って頂きありがとうございました。

 

今後共、どうぞよろしくお願いいたします。

 

岡本 隆寛


スポンサードリンク