臨機応変な対応

LINEで送る
Pocket

株式投資に必要な能力の一つとして、臨機応変に対応できることが挙げられます。株式投資では予期せぬ出来事に出くわすことがあるので、その度に自分の頭で考えて臨機応変に対応しなければいけません。

どうしたら最大限の利益が得られ、損失を防ぐことができるだろうか?と、常に考え続けることが大切になります。合理的な行動が取れるように努めていれば臨機応変な対応も取れるようになるのです。


では、逆に臨機応変に対応できないのはどのような場合でしょうか?

例えば、自分の投資ルールを設定して、投資ルールのみに忠実になるのは臨機応変に対応しているとは言い難いのです。確かに投資ルールを設定し、そのルールに基づいて株式投資を続けるのは勝つための戦略の一つとして高く評価されていますが、柔軟性に欠けるというデメリットがあります。

購入した当初の株価から10%値下がりしたら損切りするというルールを定めている人もいらっしゃいます。このルールをしっかり守る場合、どんなときでも必ず10%値下がりしたら株を売却しなければいけません。しかし、これは臨機応変に対応しているとは言えないのです。

自分の投資ルールを設定しつつ、そのルールが各場面に合わせて合理的でないと判断した場合、ルールを無視した行動を取るのが株式投資で勝つために必要です。

例え株価が10%値下がりしたとしても後々株価が回復すると予想できる場合、自分の投資ルールに則って損切りをするべきではありません。このように、臨機応変に考えて行動することができれば多くの利益を上げられるだけではなく、株取引の損失を未然に防げるのです。


スポンサードリンク