合理的思考

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝てる方は合理的に考えられる人が多いのです。合理的に行動するのは株式投資というジャンルにおいて、とても重要な意味を持ちます。感情や不安にさいなまれて行動しても大抵は良い結果を引き寄せません。

なぜ株式投資には合理的思考が不可欠になるのでしょうか? これは投資家によっても意見は異なりますが、そもそも結果を出したければ合理的に行動するしかないからです。


例えば、業績が上がらずビジネスとして旬が過ぎているジャンルで活動している会社は、果たして投資先としてふさわしいと思うでしょうか?

利益を上げたければ成長している会社の株を買うのが一番です。また、安定な業績を保っている会社の株を購入して配当金を受け取り続ける方法も合理的です。

では、非合理的な思考とはどのようなものでしょうか。いくつか例を挙げたいと思います。

1,名前が好き

何となく名前が可愛いからその会社の株を買うというのは合理的な思考ではありません。名前が良ければ会社の業績が上がるというわけではないので、株式投資の結果にこだわらない人以外、名前で投資先で決めるのは避けた方が良いでしょう。

2,適当に買ってみた

株の投資先を適当に選ぶことはありえない!と、感じる方も多いかもしれません。しかし、意外にも適当に株を買っている人は若干ながら存在するのです……。とりあえず株式投資を始めたいから、自分の資金内で買えそうな株を買っておくという考え方です。当然、この考え方も合理的とは言えません。

合理的思考の持ち主は過去の業績を調べ、会社の将来性を分析した後に株を購入します。データの分析力がとても大切になるので、合理的思考に自身の感情が入る余地はほとんどありません。

もちろん、趣味で株式投資を始める場合自分の好みで投資先を選んでも全く問題はないのです。しかし、確かな結果を残すことを期待しない方が良いでしょう。


スポンサードリンク