経済を勉強しないと株式投資で勝つのは難しい

LINEで送る
Pocket

「経済」

この言葉の響きに拒否反応を示す人も多いでしょう。

経済はいかにも難しく、経済の動向に関してはお偉いさんが決めるという風潮が広まっていますが、株式投資で勝ち続けたければ経済の勉強を行なうのが重要になります。


経済関与が株式市場に与える影響力はとても強いのです。

例えば日本がTPPに参加すると外国から好感を得ることができ、外資資金が日本市場に入り日経平均株価が向上する可能性が高いのです。逆に「外国が嫌気を差す政策」を実行すると外資マネーが引き下げられてしまうので、日経平均株価が暴落を起こすことがよくあります。

経済の動向を見抜き、適正な買い時を理解すれば株式投資で勝つのは容易です。

株式投資で勝ちたければ個別銘柄をしっかり分析することも重要になりますが、それ以上に大切なのは「経済の動向」を的確に把握することです。経済について勉強したければ経済ニュースサイトを見たり、日本経済新聞を読んだりするのがお勧めです。

「経済が株価にどのような影響を与えるか分からない」という人もいらっしゃると思います。

そういう人は「他人の意見」を参考にして経済を分析してください。

例えば法人税引き下げのニュースが話題になっていますが、法人税が引き下げられると企業は多くの利益を出すことができるようになります。企業の利益額が高まると必然的に株価は向上するので、「日経平均株価が上昇する」という予測を打ち立てることが可能になります。

「経済のプロになれ!」と言っているわけではありません。

経済について精通するのは良いことですが、特別な知識を身につける必要はないのです。今注目されている政策や経済の流れについて勉強し、経済に関する基礎知識を身につけて投資判断の材料として利用するのがお勧めです。

経済の動向に関してはネットニュースを見れば十分理解できるので、そこまで難易度は高くないのです。

株式投資を行なっている人は頭が良い人が多いので、経済の動向を調べるのは容易い行為であると私は考えています。

大体、経済というものは「頭が良くないと理解できない」というものではないのです。

頭の良し悪しよりも「興味があるか否か」という部分が重視されるため、経済に関して興味・感心を示せば経済通になることは可能です。

個別銘柄の実力を的確に分析し、経済の流れを理解できるようになれば株式投資で高勝率を維持することは可能です。

逆に個別銘柄の実力を知ることができても、経済の動向が全く分からない人は「短期投資」に向いていない証明になるため、短期間で大きな利益を得たければ経済について学んでください。


スポンサードリンク