チプラス首相が勝利宣言。EU諸国に泥を塗ったギリシャ

LINEで送る
Pocket

自分の都合の良い行動しか取らないギリシャの性質が出た国民投票でした。

「民主主義は勝利した」と語るチプラス首相ですが、人様の借金を踏み倒すことを「勝利」と述べるとは、どれだけ面の皮が厚いのでしょうか。

ギリシャという小国一つに世界経済が振り回されていること自体が遺憾であり、今回の出来事は小うるさいハエが殺されることなく飛び回っている様子を彷彿させます。

それこそ民主国家の善意によって!


出典 fxshufoo.blog.so-net.ne.jp

>5日に投票が行われたギリシャの国民投票は、EUなどが金融支援の条件としている財政緊縮策を受け入れるかどうかを問うもので、開票率93.1%で、緊縮策の受け入れに「反対」が61.29%、「賛成」が38.71%と反対が賛成を大きく上回りました。

出典 ギリシャ国民投票 チプラス首相が勝利宣言

この結果は簡単に言い換えれば「ギリシャは借りた金を踏み倒すのが必須」という状況になったのであり、EUからの離脱も射程圏内に入っていると言えるでしょう。

ギリシャという小国は世界的に見てどうでも良いのですが、我々が危惧しなくてはいけないのがEUの信頼度の低下です。

ギリシャがEUから抜けることによって今まで欧州の平和を守ってきたEUの信頼性が大きく損ねられるのは必然です。欧州国家の協調の元で成り立っていたEUという制度に、大きな大きな傷ができたのは治すことができません。

債務を返済することが不可能だから借金を踏み倒す。

個人ならともかく、現代国家においてこのような振る舞いが本当に許されるのでしょうか。しかもチプラス首相は世界経済に大迷惑をかけているのにも関わらず、「民主主義の勝利だ」という訳の分からないことを述べているのです。

結果としてEUに加入して大金を持ち逃げしただけのギリシャ。

国民の中には「これ以上、ドイツやフランスなどの言いなりになるのは嫌です。ギリシャの尊厳を守るために反対の票を投じました」と述べている人もいらっしゃいましたが、フランスやドイツからしてみれば「これ以上ギリシャを支援するのは嫌です」と言ったところでしょう。

欧州の秩序と平和に唾を吐いたギリシャを同情する必要はありません。全体主義より個人主義。自国の利益しか考えないエゴな部分が露出したのが今回の国民投票です。

恩を仇で返し、世界秩序を大きく乱したギリシャは歴史に残る醜態を晒してしまいました。

ギリシャの財政緊縮策の否定は経済に対する打撃も懸念材料ですが、今まで守ってきた「平和」という財産が大きく損ねられることを我々は絶対に忘れてはいけないのです。


スポンサードリンク