善人ほど騙されてしまうのは、疑うことをしないから

LINEで送る
Pocket

これは私の理想論になるのですが、全ての人間を善人だと思いたいふしがあります。

この世の中には詐欺を働いたり人を騙したりするのがいるのは確かな事実であるため、「全人類が善」というのはかなり無理がある理論になります。しかしながら私は人間そのものが好きであるため、できることならば全ての人間が善だと思い込みたい部分はあります。

ですが、実際のところ騙される人間が存在するのは専門知識に対する無知という部分も非常に大きいのですが、もっと根本的なことを突き詰めると「善人だから騙される」のではないでしょう。


上記の画像は私が、ギリシャ人の労働時間が短いというのは嘘であるという記事で言及したゴミ画像ですが、このソース不明、根拠不明、統計的データか否か分からない画像を信じこんでいる人は大変多いのです。

私は上記の画像を見て、「ギリシャ人はあまり働いていないから経済破綻するんだな!」と判断する人々を責めたいのではありません。

批判したいのはわざとミスリーティングを引き起こしているゴミメディアです。

日本は昔から情報操作が行われてきました。

戦中では悪名高い大本営発表が有名でしょう。


出典 blogs.yahoo.co.jp

国民の士気を落としたくないという理由でありもしない戦果をでっちあげて大本営発表をしていたのは、日本の汚点であるのは間違いありません。国そのものが国民を騙していたのです。この事実は覆すことはできません。

プロパガンダという形で国が国民を騙すのは日本以外でもありがちな光景ですが、陸軍と海軍の仲が悪すぎて正確な情報が伝わらず、海軍の嘘戦果を陸軍が信じ込んで軍事作戦を開始し、甚大な被害を受けた国は非常に珍しいと言えるでしょう。

そもそも日本は上が騙すのが当たり前の文化が築かれているのです。

それはブラック企業経営者の言い分を見れば分かります。

3年は耐えろ、若いうちに苦労すれば将来役に立つ、若い頃に必死に働いた方が良い。全部奴隷を募集するための根拠のない言い分です。騙されないでください。安価な人材が欲しいからこういうことを言うだけです。努力信者の経営者の大半は安価でこきつかえる社畜を雇いたいだけです。

それ以下もそれ以上もありません。

日本がアメリカに敗戦し、「上の人間が嘘をつく気質」が変わったと思いきや、そんなことはありません。

上記の糞画像を見る限り印象操作を引き起こす文化は本質的に全く変わってないことが分かります。いつの時代もデマや嘘を流す人がいるのは当然ですが、それにしたって日本人は騙されやすいのです。

なぜ騙されやすいのか?

それは疑わないからです。先ほど貼った画像も「疑わないでその情報を信じる人」が大半だから、信じ込んでしまう人が多いのです。逆に言えばそういう人は性格がとても良いのです。

善人であるからデータや物事を疑うことをせず、素直に受け入れる。だから多くの日本人は騙されやすいと言われるのです。

更に日本の教育文化も大きな問題でしょう。

日本では昔から「人を疑ってはいけません」という教育が続けられてきました。この教育自体は非常に良いものであるのですが、この教育方針を貫き続けたせいで「情報を疑わないでそのまま鵜呑みにする人」が多く生まれている現実に気づかなければいけません。

人を疑うのは悪、信じるのが善という教育はとても素晴しいのですが、この教育方針のせいで多くの「善人」を生み出し、そして「情報を疑わない人々」を生み出し続けている点は大変皮肉だと言えるでしょう。

これは現代情報化社会で大変問題となっている現象です。

情報が錯綜する現代社会で、「情報を疑わないで信じる」というのは非常に危険だと言えるでしょう。

元はといえば人々を誤解させ、わざと印象操作を行う人間が一番たちが悪いのが言うまでもないのですが、そもそもそういう人間が存在するのは「日本人は素直で善人が多いから騙されやすい」という側面も無視できないと分析しています。

善人ほど騙されやすいのは「物事を疑ってかからない」からです。

企業の不祥事が続く中、我々投資家は少なからず疑いの目を持ち続けなければいけないのです。この世は嘘で溢れています。何を見て何を信じるかは自分の自由ですが、正しいものを本当に見極めたければ「疑うこと」を心がけなければいけません。


スポンサードリンク