本当の愛国者とはなにか!?

LINEで送る
Pocket

本当の愛国者とは何でしょうか?


ネットの世界では愛国者の問題が頻繁に議論されていますが、そもそも愛国者に定義はあるのでしょうか?

wikiでは愛国者について、以下のように記載されています。

>愛国心(あいこくしん)、愛国主義(あいこくしゅぎ、パトリオティズム、英: patriotism)は、国民が自らが育った、あるいは所属する社会共同体や政治共同体などに対して愛着ないし忠誠を抱く思想、心情である。このような思想心情を他人に比べ強く持つとされる、或いはそのように自負する人達を愛国者と称する。

引用元 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E5%9B%BD%E5%BF%83

要するに日本という国を愛し、日本に忠誠を誓っている人間は愛国者ということなのですね。

日本は資本主義社会が成り立っている経済先進国です。

資本主義社会の発展が日本の国力を増すことに繋がりますが、「愛国者が増えれば国力が増加する」とは限りません。

私は、税金をしっかり納めていれば全員立派な愛国者だと思っています。

とにもかくにも税金をたくさん払えば良いんですよ。

資本主義国家では「税金を沢山収める人ほど偉い」のです。

日本は税収によって成り立っている国であり、個人や企業が税金を納めるからインフラ整備を行なうことができ、公共福祉サービスを充実させることができるのです。税金を収めている人は日本という国に貢献しているのです。

そう考えると、「税金を払っていれば立派な愛国者」という理論も的外れではないのです。

私は「本当の愛国者なら日本の発展に役立つ行動を取ろう!」と提案したいです。

インターネット上で特定の国をバカにしたり、人種差別を行なったりするのは愛国者でも何でもありません。

本当の愛国者は「日本の発展に貢献する人」のことを指すのです。

愛国者になりたければできるだけ多くの税金を納めれば良いんですよ。資本主義国家は経済を第一に考えなくてはいけません。

日本経済に貢献している人は立派な愛国者であり、偉大なる日本国民です。

逆に言えば特定の政治活動をしていなくても、「税金をしっかり支払っている人」はとても偉いのです。もう本当に立派です! 私も税金を払っていますが、税金を払っていれば全員国のために貢献している「価値ある存在」として認識してよろしいのではないでしょうか?

「税金を払うのは当たり前!」とおっしゃる人もいらっしゃいます。

確かに税金を払うのは当然なのですが、「誰よりも多くの税金を収める」のはかなり難易度が高いです。

高所得者ほど尊敬されるのは「他の人より多くの税金を払い、国の発展に貢献しているから」です。高所得者は資本主義国家にとって必要不可欠な存在であり、高所得者ほど社会貢献を成し遂げていると評価することができます。

 

「俺は本当の愛国者だ!」と自称している人は、日本国債や株を沢山買ってください。

本気で日本のために役立ちたい、日本に貢献したいと考えているのであれば、黙って株や日本国債を買うのが1番良いのです。特に日本株を購入すれば日本経済は大いに発展しますし、「何もしないで愛国心を主張する人」よりよっぽど貢献力が大きいです。

君が代をしっかり歌うとか、集団的自衛権に賛成するとか、自分の主張を述べるのは自由です。

その辺りの政治の話に関しては私は詳しく言及しませんが、そもそも愛国者は「国の利益になる行動を取る」のが1番愛国心溢れる行動です。

資本主義国家である日本において、1番愛国心溢れる行動とは何か!?

 

それは、沢山税金を収めて、国の経済に貢献することです。とてもシンプルな話です。

それでいて日本株を沢山買ったり、日本国債を買ったりしたら尚更良いですね! 株は配当金を受け取った際にも税金が発生するので、「日本株を持っているだけで日本の税収が増える」のです。

実に愛国心に溢れた行動ではありませんか!

口だけで愛国心を主張するのは簡単です。

本物の愛国者になりたければ、「誰よりも多くの税金を収め、日本株や国債を購入して実利で日本経済に貢献すること」を意識してください。

逆に言えば日本株や国債をたくさん購入しているだけで、経済活動に大して貢献していないネット右翼より立派な存在だと私は思っています。

経済の発展が資本主義の繁栄に繋がり、日本の発展を促進させる。

この事実に気づいたら、「日本株を購入することがいかに愛国心に溢れた行為であるか」が理解できると思います。

経済と政治は密接に繋がっています。経済力が国家の力を高めるのであり、国力を向上させるために投資家という存在がいることを理解しなければいけません。


スポンサードリンク