日本人の貯蓄好きは良いことなのか?

LINEで送る
Pocket

日本人は貯蓄がとても大好きです。


最近は貯蓄ゼロ世帯が増えて「日本人は貯蓄好きではない」という意見が増えてきましたが、お金がないから貯金できない人が増えているだけです。

お金があれば大抵の人は貯蓄に専念します。それを良いことだと考えている人も多いのですが、私は良いことだと思いません。貯蓄は確かに大切ですが、貯蓄にこだわる人は投資や資産運用に目を向けていないことが多いのです。

貯蓄率が減少したから貯蓄好きではないという結論は誤りです。景気が悪くなると収入も減るため、貯蓄したくてもできない人が増えるのです。日本人の貯蓄好きという特性は今も根付いています。

貯蓄しない代わりに株式投資を始めたり金融資産を購入したりする人が増えるのは良い傾向ですが、実際のところ資産運用に興味を示している人は少ないのが現状です。

周囲の友人に資産運用の方法を聞いてみれば分かりますが、大抵の人は資産運用や株式投資に興味がありません。お金がないから投資する余裕がないと断言する人も多く、投資嫌いの貯蓄好きの本質は変わってないのです。

貯蓄は大切です。私は貯蓄を全くしないで余裕資金を全て株式投資に利用しろと主張したいわけではありません。

しかし、貯蓄にしか手を出していないのは大問題です。

そもそも貯蓄という手段は強者の戦略に該当します。有り余るほどお金があれば貯蓄を通じて生活できるだけの利息収入を確保することができますが、そんな人はほとんど存在しません。

お金がない人は投資を始めなければいけないのです。株式投資や資産運用は「資金を利用してお金を殖やす行為」に該当しますが、貯蓄は「お金を守る行為」です。収入の低い人が守りに徹してもお金持ちになれません。

また、安全を求めるから貯蓄にこだわるという発想も危険です。貯蓄していれば安全という考えが間違いで、貯蓄だけに頼るとインフレリスクに対応できません。

1000万円の貯蓄があってもインフレが起こると1000万円の価値は目減りします。1000万円というお金は残っても、物の値段が向上すれば相対的に1000万円の価値が下がるのです。

インフレが続いた場合、貯蓄をするのは結果的に損になります。守りの戦略が破綻することもあるのです。

貯蓄好きという特性を守りつつ、資産運用もしっかりと行なうのが理想です。

貯蓄もして株を買い、収入を増やし続けるシステムを築くのが1番良いのです。こういうことを言うと「そんなお金はない」と嘆く人が必ず現れるのですが、それなら最初から貯蓄にこだわるのは止めてください。

500円あれば株を買うことができます。500円株に投資しても大した不労所得を受け取ることはできませんが、普通預金で10万円お金を預けるより高い不労所得を得ることができます。

お金がない人は貯蓄にこだわらず、資産運用を通じて収入を増やすことだけを考えてください。貯蓄好きという特性は一旦捨てた方が良いのです。

貯蓄しても収入は全然増えません。収入が増えないから生活が楽にならないという悪循環が続くのです。本当に貯蓄だけに徹するのが良いことなのか、利息という観点を重視して考えてみてください。


スポンサードリンク