ベトナム株の配当利回りの計算方法

LINEで送る
Pocket

ベトナム株の配当利回りの算出方法は日本と異なります。


日本の場合、現在の株価に応じて配当利回りを計算するのが普通です。

例えば1株の価格が1000円で、年間配当額が50円だとその会社の配当利回りは5%になります。

しかし、ベトナム株の場合額面に対する比率で計算します。

10000ドンに対する比率で計算するため、年間配当額が5000ドンだと予想配当利回りは50%になります。年間配当額が3000ドンだと予想配当利回りは30%になるため、ベトナム株の配当利回りは「10000ドンに対する比率で全てが決まる」と思ってください。

日本の場合だと現在の株価に応じて配当利回りを決めますが、ベトナム株は10000ドンを基準にして予想配当利回りを決めるので注意してください。

そう考えると物凄く分かりにくいですよね。

そのため、ベトナム株の配当利回りを日本式にしたければ以下の計算方法を活用してください。

アジアコマーシャル銀行の年間配当額は3800ドンです。年間配当額が3800ドンなので、ベトナム式の配当利回り計算方法だと、アジアコマーシャル銀行の配当利回りは38%になります。

現在の株価は1株15500ドンですが、この場合どう計算したら良いでしょうか?

日本式の配当利回り計算方法を取り入れる場合、

1株の年間配当額÷現在の株価=配当利回りの計算式を活用してください。

アジアコマーシャル銀行の配当利回りは以下の通りになります。

3800(年間配当額)÷15500(現在の株価)=0.24

0.24という数字が出ましたが、この数字に100をかけてください。

0.24×100=24

はい、答えは出ました。アジアコマーシャル銀行の配当利回りは24%になります。

ここで覚えて欲しいのが「ベトナム株の配当利回りが発表される場合、日本式の配当利回りとは異なる」という事実です。

また、ベトナム株の個別銘柄の年間配当額を載せているサイトや本は物凄く少ないので、私は現地サイトを翻訳して年間配当額を調べ、日本式の配当利回りで計算して株式投資.jpに載せています。

配当額は年々変化するのが普通なので、「去年までは高利回りの株でも、業績が落ちるにつれて配当額を減らすと配当利回りも減少する」という事実を覚えておいてください。

また、ベトナム株は2回から3回にわけて配当金を支払うことが多いので、そこも注意する必要があります。

ベトナム株の配当利回りはまとめると以下の通りになります。

1,ベトナム式の配当利回りは額面(10000ドン)に対する比率で配当利回りが決まる

2,日本式の配当利回り計算を行いたければ、先ほど解説した計算式を利用する

3,ベトナム株は2回から3回にわけて配当金を支払うことが多い

 

以上の事柄を覚えておけば、ベトナム株投資を実施するときに配当利回りで混乱する可能性は少なくなります。


スポンサードリンク