ベルーナを全て売却しました【4月21日】

LINEで送る
Pocket

唐突ですが、今日ベルーナ株を全て売却しました。


私は501円でベルーナ株を7000株買い、504円で1000株、503円で600株、502円で3600株、501円で1800株売却したのですが利益額は大したことがないです。

一応利益を出すことはできましたが、投資期間から考えるとかなりリターンが悪いです。「5月が勝負」と言いながら、このような中途半端な時期に株を売却したのは理由があります。

私がベルーナ株を保有し続けて気づいたのは、「ここ最近のベルーナは520円の株価がピークで、下がるときは470円台にまで下落する」という傾向です。つまり、私は501円の約定平均単価を維持していたので今のまま株を保有しても大きな利益を得られないと考えました。


上記のチャートの動きを見たら分かるとおり、ここ最近のベルーナは「一気に株価が上がったら、すぐに株価を下げる」という傾向が続いています。

持続的発展を遂げており、財務面も優秀なベルーナは中期投資に適している株だと思うのですが、「もっと平均取得単価を下げたい」という理由でベルーナ株の売却を決断しました。

つまり、最初に買った501円の平均取得単価は高すぎたという証明になります。

正直、今回は買いが上手くいっていないと感じました。

ここ最近の株価の動向を見ていると「501円で買ったのは短期的に見れば割高」だったのです。ベルーナ株はもう少し株価が下がったら再購入し、平均取得単価を下げた状態で再チャレンジしたいと思います。

今年の通期決算は増益が予測されているので5月あたりに株価が伸びると予測していますが……、一旦株価を下げて買い直しすることができたら最高だと考えています。

もしこのままベルーナ株が501円より上昇し続ければ私の今回の売りは失敗になります。

過去のチャートを分析すると同じような動きしかしていないため、また株価を下げると予測していますがこればかりはどうなるか分かりません。

短期的に株価を下げたところを狙ってベルーナ株を再購入したいと思います。

何だかんだでベルーナ株の配当権利は受け取っているため、ベルーナの投資は黒字になっています。配当金と売却益の両方の収入を手に入れたのは良いのですが、「買いが下手だった」というのが私の正直な感想になります。

「1円でも利益を出せば自分の勝ち」だと豪語している私ですが、今回の取引は反省することばかりでした。

平均取得単価が高すぎて満足な利益を得られなかったこと、含み益よりも含み損の期間の方が長かったこと、今まで何度も売り時が到来したのに今になって株を売却して薄利で収めたこと。様々な面で良くないと思いました。

株式投資は利益を出せば勝ちです。

それは確かな事実ですが、投資効率という観点から考えると今回のベルーナ投資はあまりよろしくなかったと反省しております。

配当金が貰えるのは幸いですが、これだけ投資期間が長ければもっと効率的に儲ける方法があったはずです。ベルーナ株の株価の動向をいち早く察し、流動的な取引ができていれば良いのですが「中期投資スタイルを崩して良いのか?」と悩むことが多々ありました。

私はベルーナを見切ったわけではありません。

また株価を下げたときにベルーナを購入したいので、ベルーナは私の投資候補リストに入れておきます。

意地で中期投資戦略を貫くべきなのか、臨機応変に対応してベルーナを売却したのが良い判断だったのか、今の私には分かりません。

ただ、今以上にベルーナの株価が下がれば再度中期投資を実行したいと思います。5月の決算発表日までにもう1度下がると読んでいますが、この読みが外れたら新しい株を探す旅に出ます。

利益を出したのに随分ネガティブな日記になってしまいましたが、まだまだ私の実力が未熟だということです。自分が未熟だと認めればまだ伸びる余地があると思うので、今後も株式投資の研究を続けて高勝率を維持していきます。


スポンサードリンク