香港ドルを日本円に換金しました【中国株】

LINEで送る
Pocket

過去の取引履歴を見ていたら懐かしいものを見つけたのでアップします。


これ、私が中国株を買っていたときの名残です。

いやー懐かしい! とある事情で中国から資金を引き上げたのですがまだ2万円程度の香港ドルが残っていたみたいで、日本円に換金することに決めました。

2、3年前は超円高が続いており1ドル80円の相場が続いていました。そのとき私は「こんな相場はいつまでも続かないぞ」と思い、「では、円高を有意義に活かす投資を行なう方法はあるのだろうか?」と考えて外国株である中国株を購入したのです。

ベトナム株でも良かったのですが、SBI証券だとベトナム株の手数料が物凄く高いんですよね……。中国株だと手数料はまだ許容範囲内だったので中国株に投資したことがあります。

私の保有していた中国株式の銘柄はこちら。


多分、画像を見てもよく分からないと思いますが中国株は日本株と比べて配当利回りが高いんです。

私の保有していたYGM貿易という株は確か配当利回りが8%以上だった気がします。配当利回りが高いので日本株より「配当金狙いの投資」に適しているんです。インカムゲイン狙いの投資家は外国株を購入してリスク分散を怠らないのがお勧めです。

ただ、外国株は色々と難しいのが難点です。

為替の動きだったり、国の経済事情だったり、色々と調べなくてはいけないことがたくさんあります。配当利回りの高さだけを評価して株を買うのはお勧めできませんが、「インカムゲインを重視する投資家」は中国株を購入するのも面白いですよ。

今は円安が進んでいるので外国株を購入するのに適した時期ではありませんが、1ドル80円台の超円高が訪れたら外国株に投資するチャンスだと思ってください。

米国株について調べたこともありますが、米国株はそこまで配当利回りが高くないんですよね……。

株式投資初心者は、最初から情報収集しやすい日本株に投資して堅実に儲けるのが良いと思います。

今は円安で米国株を買うメリットも薄いです。

配当利回りの高い中国株や、成長著しいベトナム株は非常に魅力的ですが「情報を集めるのが難しい」というデメリットがあります。

「ベトナム株や中国株に投資してみたいけど、どういう会社の株を買えば良いのか分からない」という人が大多数を占めていると思います。外国株は情報がほとんど載っておらず、ある意味未知の世界なので投資するのに不安を抱く方が大半ではないでしょうか。

将来、株式投資.jpを今以上に発展させて、今紹介している日本株のように「外国株の個別銘柄も分かりやすく解説するポータルサイト」を作りたいと考えています。

ちなみに、外国株に投資するときは長期投資を貫くのが鉄則だと思ってください。デイトレードやスイングトレードで儲けようとしても「手数料の壁」が存在するため、デイトレードをしたければ日本株を対象にするのがお勧めです。

外国株は自分の資産を増やす手段として活用すべきです。


スポンサードリンク