面白くない1日でしたね!

LINEで送る
Pocket

本日の日経平均株価は14766円53銭で、昨日と比較して日経平均株価が76.71円下がってしまいました。

昨日は日経平均株価が爆上げしたので今日下がるのは仕方がないです。

下がると言っても株価が微妙に低下しているだけで特に面白みのない1日になりました。日経平均株価が爆下げすれば優良株も割安価格で売られるのでそこを狙って株を購入することもできるのですが、下げ幅が微妙過ぎて面白みが全くないのです。

さて、愚痴から始まった本日の株日記ですが私はトレードしていません。


上記の画像は昨日の私の含み益を表したデータになります。

しかし、今日は持ち株がこのように推移しています。


画像を見れば分かるのですが、TBKの株価が下がってタカキューの株価が向上しています。「あー含み益が減ってしまった、残念!」で終わるとこの日記も糞つまらなくなってしまうので今後の株価予想と私の採用する戦術を解説させていただきます。

【TBKに関してどう思うか?】

現在の私の主力株はTBKです。270万円を突っ込んでTBK株に投資しているので、TBKが株価を上げてくれないと大変困ってしまうのです。

今日は株価を下げましたが、私はこの結果を悪いとは思っていません。負け惜しみでも何でもなく、本気で「どうでも良い」と思っているのです。

元々TBKはスイングトレード目的で購入した株ではありません。

割安性に長けており、増収が期待できるからTBKを買ったのであり「割安性という長所がなくなったときが撤退のタイミング」だと踏んでいます。

だから15万円や9万円程度の含み益で一喜一憂したらいけないのですね。

「何だかんだで儲けているんだから利確したら?」という意見もあると思いますが、TBKはまだまだ伸びるのではないかと踏んでいます。財務面も悪くないですし、チャートの動きを分析すると下げまくる状況が続いているので反転すると600円台の株価も期待できると思っています。

買値から70円程度上がってくれれば35万円の含み益を出すことができるので、その辺りでどうするか判断を下したいです。TBKより割安な優良株を見つけたら即座に売却して株を乗り換えますが、今のところTBKより優れた株はなかなか見つからないのが現状です。

これは成長性という意味ではありませんよ!

私はTBKに莫大な成長を期待していません。成長性を評価して長期投資を実行したければTBK以上に成長戦略に適した株はゴロゴロ存在します。例えば東証マザーズに上場している、じげん(3679)は持続的成長を達成している若手の成長株です。

継続的発展を成し遂げているじげんと比べて、TBKは成長力に弱いことが分かります。

TBKも黒字経営を維持している優秀株ですが、利益額が毎年バラバラなので継続発展を期待できる株ではないのです。

成長性を評価する投資家はじげん、割安性を評価する投資家はTBKの方が相性が良いです。

これはどちらが良いとかどちらが悪いとかいう問題じゃないんですよ。重要なのは「株の特性を見抜き、適した戦略を与える」ことであり、株と相性が悪い戦略を採用しても負けるんです。

実はこの事実に気づいていない投資家って物凄く多いんですね。成長性を期待する株に短期利益を求めたり、割安株に成長性を求めたり、短期利益が欲しければ最初から割安株を買った方が良いのです。

戦略選択に失敗すると株式投資で勝てません。

偉そうなことを言っている私ですが、私も数多くの負けを経験して「戦略採用の重要さ」に気づいたのです。


「成長力が弱いTBKは投資先として微妙」という評価を下す人もいると思います。それも正しいのです。全てにおいて優れている万能株は超レア(ほとんど見つからないです)なので、安定して儲けたければ株の長所を活かした投資戦略を当てはめる必要があるのです。

【タカキューはどうやって儲けるつもり?】

日経平均株価は下がりましたが、タカキューの株価は上がりました。

タカキューも持続的発展が期待できる成長株ではないのですが、私はもっと上がると読んでいます。PER値やPBR値を分析しても株価は割安圏内を保っていますし、黒字経営を維持しているので株を長期保有しても良いのです。

タカキューは今以上に上がると思いますよ。

それはなぜか? それはタカキューの配当権利確定日が2月にあるからです。配当権利日が近い株は「配当金目当て」で購入する株主が多いので、株価が上がりやすいという傾向があるのです。

正直なことを申し上げると、別に株価が上がらなくても良いんですよね。

株価が向上しなかったらそのままタカキュー株を放置して配当金を貰えば良いですし、「株価が上がらないリスク」を想定した上で利益を上げる戦略を立てているのです。と言っても、やはりタカキューの株価は上がると思います。

タカキューは株主優待の存在が大きいです。

2月に権利確定日があるタカキューですが、これが株価向上の大きなポイントになると思っています。タカキューは株主に向けてお買い物優待券を発行しているのです。

タカキューの株主優待の使い勝手が良いので、「株主優待目当ての個人投資家が権利確定日が過ぎる前に株を買う」のではないかと読んでいます。

個人投資家の買い圧力ってバカにできないんですよ。

要するに私がタカキュー株を買ったのは「権利日も近く、割安性に長けているから短期間で利益が出せる」と踏んだからです。この予想が外れたらそれはそれで良いです。そのまま保有して私が配当金と株主優待を受け取れば良いだけなので、上がっても下がっても困らないんですね。

私は「負けない株式投資」を実践しているので、できるだけ負ける要因を少なくして株式投資の勝率を高める方針を貫いています。私が買う株は必ず戦略的理由が存在するため、参考にしていただければ幸いです。


スポンサードリンク