タカキューを売却しました【2月24日】

LINEで送る
Pocket

本日の日経平均株価は27.99銭安で、最終的な日経平均株価は1万4837円.68銭でした。

現在の持ち株は以下の通りになります。


タカキューなんですが、面白くない1日でしたね! でも記載している通り、「タカキューの株価は配当権利日が近づくにつれて上がる」という予測を立てていましたが、予想通り株価は上がりました。と言っても買値から3円程度上がっただけで何とも微妙な上がり具合でしたが……。


結局タカキューは288円の段階で500株売却し、残りの1100株は287円で売りました。

何でしょう。予想は当たったけど、野球で例えれば6回3失点で降板した先発投手のような感覚を抱いています。つまり非常に微妙と言いますか、10円くらい株価が上がると思っていたけど……。

今日は大して値動きせず、全体的に平和な1日になりました。

実はこういう日が1番困るんです。日経平均株価が暴騰したら持ち株の売却を検討することができ、反対に日経平均株価が暴落したら優良株を買い叩くチャンスなので積極的に行動できるのですが、今日は安売りされている優良株が全然見つからなかったので何も買わないことに決めました。

1番困るのはタカキューを売ったこと以外何も行動していないので日記に書くネタがないことです。

これでタカキューが爆上げしていたらいくらでも饒舌に語れるのですが、1円や2円程度の値上がりで自慢なんかできない、そもそも自慢にならないです。

あと、タカキューとは全く関係ないのですがNISAのシステムってどうなんでしょうね。

少額投資非課税制度がウリのNISAですが、スイングトレードやデイトレードをしていたらすぐに非課税枠はなくなってしまうので長期投資家向けの制度だと思います。

でも、問題なのは「日経平均株価がこんなに高いのに長期投資に徹するのは本当に賢明な判断なのか?」という疑問です。

成長株であればまた別ですが、NISAを活用して株式投資を始める人の大半は大企業や自分の知っている株を買うと思うので、日経平均株価が崩れたら瞬く間に含み損を抱えると思うんですけどね……。

NISAが長期投資に向いているのは私も認めますが、どう考えても今の時期が長期投資に適しているとは思えないです。割安で成長性がある優良株は別ですが、そんな株は探してもなかなか見つからないのが現状です。

個人的にNISAを本格的に活用できるのは日経平均株価が10000円台を割ったときかなーと思います。今後も地合いを見つつ、個別銘柄と相性の良い戦略を採用して手堅く儲けるのが良いと感じています。

短いですが、本日は本気でネタがないので終わります。


スポンサードリンク