シイエム・シイを全て売却しました

LINEで送る
Pocket

本日、シイエム・シイの株を全て売却致しました。


これでシイエム・シイの全株式の売却が終了し、シイエム・シイで得た利益は総額で25万5000円になります。NISA口座で取引していたので取引手数料、税金などは一切発生しておらず、25万5000円が純利益になります。

シイエム・シイに関しては今以上に伸びる可能性も十分に高いのですが、無理に頭を狙うと売りどきを逃してしまうので今回売却を決意しました。

約100万円程度の投資金額で25万5000円の利益を受け取ったので、投資金額に対する利益率は25.5%になります。

1つの株に投資して25.5%の利益を受け取れたのは非常に良く、シイエム・シイの投資は成功を収めたと判断することができます。

 

過去の日記を参照して貰えば分かるのですが、シイエム・シイは元から「中期投資」を実行して利益を得る予定でした。宣言通り初期戦略が破綻することなく、順調に株価を伸ばしたシイエム・シイは「久々に全ての戦略が上手くいった好例」として満足しています。

もしかしたら売らないのが正解かもしれません。

売ったのが正解、売らなかったのが正解というのは後になってみないと分からないのですが、順調に利益を確定することができたのは非常に良いことです。

 

しかし、正直な話をすると利益を上げて喜んでいるわけではありません。

むしろ「本当にこの取引が正しかったのか?」と自分の手腕に疑問を抱いている状態です。株価の頭としっぽを見分けるのは本当に難しく、初期戦略が崩壊して持久戦に持ち込むことも多々あるので手放しで「自分は凄いんだ!」とアピールすることはできないと思っています。

私が推奨する「負けない株式投資」というのも、結局は「守りをガチガチに固めて常に勝利を狙っていく」という投資手法になります。

この独自理論が効果的か、本当に正しいのかは過去の日記を参照して頂ければ分かると思います。

「負けないことに徹しても大儲けはできない! 俺は投機で手早くたくさんお金を稼ぐぜ!」と考えている方は投機を行なえば結構です。

私の投資手法は短い期間で考えると「投機より儲けられない」のが現実になりますが、「負けない」ことに徹しているので損失を出す可能性も遥かに低いのです。

「絶対に負けない投機」ができるのであればそれが最強だと思いますが、理想論です。

絶対に負けない投機は要するに、「俺はデイトレードやスイングトレードをしたら絶対に負けないぞ」という意味になるため、ちょっとありえない投資手法に該当するのです。

B・N・Fですら損切り術を確立して「負けながら勝っている」のに、投機で勝ち続けるなんて絶対に無理ですよ。

しかし、投資は別です。投資では勝ち続けることが可能です。

あと、1つお詫びを申し上げたいのですが「シイエム・シイが上場している市場はマザーズではなく、JASDAQ」です。

私はシイエム・シイがマザーズに上場していると勘違いしていたのですが、上場市場はJASDAQでした。

なぜこんな基本的なミスをしているのか全く理解できませんが、こんなミスをしている時点で自分は完璧ではなく、短所や欠点が目立つ人間であることを自覚させてくれます。

シイエム・シイを売却した資金を利用して、積水ハウスを900株購入しました。


積水ハウスは7月決算で、7月に配当金の権利を受け取ることができる株です。あまり配当金狙いの投資にはこだわらず、積水ハウスに関しては「売却益狙いの投資」を行なって利益を確定したいと思っています。

 

今から恥ずかしい話をします。

 

上記の画像を見て貰えば分かると思うのですが、私は武田薬品工業を8株だけ保有しています。

この武田薬品工業は私が学生の頃、余ったお金を使って適当に買った高配当株なのですが、わざわざ日記に晒して報告するほどのポジションではないのでずっと黙ってました。

この武田薬品工業というのも非常に微妙な株で、安定配当を維持しているのは長所ですが利益額は年々減少傾向を維持しており、割安性にも長けていないので現在の私だったら絶対に買わない株に該当します。

ただ、「持株数も少ないし、昔買った株として記念に残しておこう」という超非効率思考を維持して株を保有しているのです。

武田薬品工業の株を保有して3年以上経ちますが、ずっと配当金を頂き続けてきました。

それと毎年1回も使う予定のないカレンダーを年末に送ってくれますし、「カレンダーはいらないから送るのはやめて欲しい」と内心思いつつも私は武田薬品工業株を保有し続けているのです。

配当金が貰えるといっても所詮8株なので受け取れる年間配当金は1440円です。

そこから税金も引かれるので全然儲かっていないのですが、「武田薬品工業は学生時代に投資した思い出株」として保有し続けているのです。

今、武田薬品工業を売れば5024円の売却益を受け取ることができますが、正直5024円の売却益を得たところで何かが変わるわけでもありませんし、何年も保有しているから変に愛着が湧いてしまってあまり売りたくないと考えているのです。

最初は含み損続きの株でしたが、いつの間にか含み益を得ており、気づいたら「毎年配当金といらないカレンダー」をプレゼントしてくれる株として活躍しています。

本当に効率的に投資したければ武田薬品工業は売却すべきですが、一部「趣味に近い感覚で株を保有しても良いのではないか?」と思っています。

 

私の株式投資のモットーは「楽しむこと」です。

儲けることも重要ですが、楽しくなければやってられません。

武田薬品工業は私の「思い出株」として保有しているだけの存在なので、配当金が支払われても報告しませんでした。(報告したところでだから何?という感じですし……)

「たまには利益を度外視して好きな株を長期保有するのも面白いですよ」と主張したいのです。

武田薬品工業は「買っておけば少しは配当金収入が増えるな」と思って買った株です。

実際にその通りになっているのですが、私は「こういう風にあってもなくても良い株」が非常に好きで、下手に大金を注いで株を購入するより愛おしく思えるのです。

株を売却しないのですから、これからも武田薬品工業は使用価値が薄いカレンダーと配当金をプレゼントしてくれるでしょう。

武田薬品工業のように「健気に配当金を支払ってくれる株」が非常に好きなのです。

非常に非合理的な発想であり、武田薬品工業に対しては非合理な投資を実行している私ですが、「たまには利益追求を忘れて安らかな気持ちで株を保有する」というのも格別な楽しさがありますよ。

利益追求に走り過ぎると「利益を出す株が良い株」という思考が定着するので、どんどん「株を愛する気持ち」が失われていくのです。

私はそういうのがあまり好きではなく、「株が好きだから株を保有する」という発想を大切にしたいと思っています。たまに「初心を忘れない」ために武田薬品工業の株を眺めるのは、決して無駄な行為ではないと思っています。

あなたも昔買った株を少しだけ保有し続けてみませんか?

少しだけ株を買って長期保有すると、投資の心構えを思い出させてくれますよ。

持ち株の株価が半額になっても良いじゃないですか。

本当に少ない金額で株を購入し、絶対に売らないと決めて株を保有し続ければ配当金をずっと支払ってくれるのです。

できれば大きい金額を投資してもこの気持ちを忘れないでいたいのですが、大きいお金を利用すると発想が「利益追求路線」に傾くので、これが私の最大の弱点だなぁと思っています。

利益を追求するのは悪いことではありません。

しかし、利益を追求することだけにとらわれるのではなく、「株式投資を楽しむ」という観点も重視したらいかがでしょうか?

そうしたら株式投資で発生するストレスから逃れることが可能になります。

疲れるんですよ、本当に。利益だけを追求して株を売買するのは。


スポンサードリンク