絶対に損切りしない!15万4000円の含み損を抱えている理由

LINEで送る
Pocket


今日も順調に株価を下げてくれました。

唐突ですが、3月3日の日記はサボりました。

理由は日記を書きたくなかったからです。

毎日こつこつ株価を下げ続けているベルーナの日記を書いても何の需要も生まれない(含み損を抱えている人は共感できるかも?)ばかりか、全く取引を行なっていないので日記を書くネタがないのです。

ウクライナ情勢が悪化して前場で日経平均株価を大きく下げましたが、最終的に日経平均株価は69.25円上昇して何の問題もない相場になりました。

ベルーナはウクライナと全く関係のないビジネスを行なっているのにもかかわらず、安定して株価を下げているのが印象的です。

タイトルで「絶対に損切りしない!15万4000円の含み損を抱えている理由」と書いていますが、正直いくつも理由はないです。ただ売り圧力が強すぎて株価が毎日減少しているだけなんです。

悪材料が出て株価が下げているのならまだ理解できますが、現在のベルーナは株価の下降時期を迎えているだけです。

そのため、501円でベルーナ株を買った私の戦略は今のところ完全に失敗しています。「ベルーナは株の上げ下げが機械的で分かりやすい」という特徴を加味して株を購入したのですが、ここまで含み損を抱えるとちょっと残念です。

しかし、私は損切りをしません。

損切りはしないのですが、戦略的に失敗であったことは認めるしかありません。501円で購入して数日後に505円で売り抜く予定だったのですが、4円株価が上昇しても得られる売却益は2万8000円です。

現在の含み損額と比較すると、リターンが物凄く少ないことに気づきます。

こうなったら長期戦を覚悟して絶対に利益を得る体制を整えなくてはいけません。スイングトレードに失敗した私ですが、元々ベルーナは優良株なので長期戦略に切り替えても問題はないのです。

そもそも株価が毎日下がるのはベルーナが悪いのではなく、地合いが良くないから株価を下げ続けているだけです。こういうときは無闇に損切りを決断するのではなく、株価の回復を待ってホールドを維持するのが得策になります。

ただ、失敗だと思った点がいくつかあります。

【資金が動かせないから取引できない】

ベルーナ株で含み損を抱えているので資金が全く動かせないです。損切りすれば新たな株を買うこともできるのですが、今の状況で損切りするのは絶対にやりたくないので株を保有する選択しかないのです。

つまり、ベルーナ株を保有している以上、完全に株取引のネタが尽きたことになります。

これが3種類くらい分散投資していれば色々ネタもあって日々の日記の更新も捗るのですが、ベルーナだけに集中投資している残念な私は日記を書くネタを完全に喪失しました。

そういうわけで何か面白いアクションが起きない限りしばらく日記を停止することに決めました。東証1部上場企業の分析など、まだまだやらなくてはいけない作業がたくさんあるので少しの期間日記が更新されなくても良いですよね。

それにしてもGIGAZINEさんの更新量が凄いです……。1日に10記事以上更新しているのではないでしょうか?

私も株式投資.jpの情報量をもっと増やして、今後は海外市場の動向ニュースや国際情勢と株価の関連性ニュースなども絡めて多角的に情報発信していきたいので、サイト更新は積極的に続ける予定です。

それと日記を読み返して気づいたのですが、「岡本隆寛の取引ってバーチャルじゃないの?」って思ってしまいました。

「取引は本物ですか?」というメールが寄せられたことはないのですが、色々と調べてみたら株取引の画像っていくらでも改ざんできるみたいなんです。

よく考えたら私も「株を買った、売った」と報告していますが、株の含み損や含み益の画像しか載せていなかったのでユーザー様から疑われる可能性があります。こうなったらバーチャルではないことを証明しなくてはいけません。

というわけでこの画像を見てください。


上記の画像は私がTBKを実際に購入し、売却益を得た証明の画像です。私はバーチャル取引ではなく、本気で株取引を行なって株式投資の研究をしているのです。

そのため、今抱えてる15万4000円の含み損もバーチャルではなく、本物です。

残念ながらこれは現実なんです。

株式投資.jpでは嘘の取引やバーチャル取引情報を発信することはありません。特に私の書いている株日記は全て本物で、何の偽造工作も行なっていないのです。

「リアルに15万4000円の含み損を抱えている」という事実を理解した上で、私は損切りしない戦略を選択しています。最終的に利益を出す算段はついているので、結果を楽しみにしてください。


スポンサードリンク