TBKを売却してベルーナを2000株購入しました【5月13日】

LINEで送る
Pocket

TBKを売却しました。

TBKをまたまた購入しました【2014年5月9日】

上記の記事を見ると分かるのですが、TBKの購入取得単価は470円です。今回、475円でTBKを3000株売却したので利益は1万5000円(税抜き)になります。

これで9連勝を達成することができ、10連勝達成まで王手がかかっている状態です。「TBKは売られすぎだから、今のうち買っておけば短期間で株価が上がる」と予測したのですが、この予想は見事に的中しました。

毎度毎度勝つ度にドヤ顔で自慢しても仕方がないので、今回はあえて反省材料を挙げていきたいと思います。

まず1つ目。

TBKを475円で売りましたが、終値は479円です。この事実を見ても分かるとおり、私は「最安値で株を購入し、最高値で株を売却した」というわけではありません。つまり完璧な勝利ではないのです。

「頭と尻尾はくれてやれ」という格言が存在しますが、この格言通り私はちょうど真ん中辺りで株を売却しました。その結果1万5000円の利益を得ることができたのですが、もう少し耐えていればそれ以上の利益を得られたのです。

これは私の実力不足です。

それともう1つ、中途半端に3000株だけ購入していたので利益も少ない状態でした。これは「株価が下がったときのためにナンピン買いを実行するための資金」を温存していたのですが、結果的に中途半端になった事実は拒めません。

本当に予想に自信があるのなら、3000株ではなくもっと多くの株を購入すれば良いのに。私は「株価が値下がりするリスク」を過度に恐れていたのです。

これは私の中に眠る「損失回避の心理」が働いていた証拠になるため、リスクを過度に避けて得られる利益を逃してしまったのは反省材料です。

そしてまた中途半端な投資を行ないました。


ベルーナは493円で2000株買ったのですが、正直ベルーナに関しては株価が上がっても下がってもどちらでも良いです。株価が下がったらナンピンするチャンスを得ることができますし、株価が上がったら利益を確定させて10連勝を達成したいと思います。

2000株程度だと大した利益を得られるわけではありません。株価が5円上昇しても利益額は1万円なので、本当にお遊び程度の投資といったところです。

そのことを理解しつつ、493円という中途半端な値段で株を購入したのはベルーナの決算が近いからです。ベルーナは純利益を大きく伸ばすと予測しており、好決算を叩き出したときの株価の急上昇に期待しているのです。

もし、株価が思い切り下がったらベルーナをナンピンする予定です。どちらに転んでも損はないので、「負けないこと」を重視した投資を貫きたいと考えています。

ちなみに、今回得たTBKの売却益は「人のために使う」ことに決めました。

詳細は伏せさせて頂きますが、私欲だけでお金を儲けても株式投資のモチベーションが保てないことに気づきました。

どうせなら有意義にお金を使いたいので今回は自分のためにお金を使用するのではなく、他人のためにお金を使うことにします。


スポンサードリンク