祭りが始まった。私は攻撃的な資産運用を行います!

LINEで送る
Pocket

ついに祭りが始まった。


出典 www.bloomberg.com

 

異例の追加緩和は間違いなく「祭り」の始まりを鳴らすベルであり、我々投資家が栄光ある勝利を手にする絶好の機会が訪れたことを示しています。

 

 

神が進むべき光を照らしているのは不動産、証券取引先物、その他金融業の3つです!!!

 

官製相場の凄さを知らない人は祭りに乗り遅れるでしょう。

 

 

安心してください。勝利のベルが響き渡ったのは昨日の話であり、まだまだ祭りは始まったばかりです。ここで積極的に行動を起こすことによって栄誉ある勝利を手にすることができるのです!

 

私の投資スタイルは「割安安定株を購入して堅実に勝つこと」です。

 

 

「石橋を叩いて渡る」という投資スタイルを貫いてきた結果、お陰様で勝率100%、15連勝という常勝街道を歩ませて頂いていますが、私はここで投資スタイルを変える。

 

 

 

 

より攻撃的な資産運用を行います!

 

 

 

 

私が重視していた「低PERと低PBR」の割安安定株を重視する投資方針はこの際全て忘れます。私は本当に守備を重視している人間で、「割安ではない株は買うな!」としつこいくらい言い続けてきましたが、今はさすがに状況が違います。

 

 

 

割安でなくても良い。

 

 

 

良いですか、祭りが始まっているんです。

 

まだ盆踊りに参加する人々が訪れる時間ではなく、「ようやく縁日で焼きそばが売られ始めた」のと同じ時間帯なんです。今回の追加緩和で乗り遅れた人も多々いらっしゃると推測できますが、安心してください。祭りはこれから本格的に盛り上がっていくのです。

 

 

今まで勝っていた手法を一時的に捨て、「攻撃的な投資スタイル」にシフトするのはかなり勇気が必要になりますが、人間は変化に対応しなければいけません。

 

 

 

変化なくして勝利は得られず、市場状況の環境に対応できる人間が真の勝利を掴み取ることができるのです!!!

 

 

この際、PERやPBRの数字なんてどうでも良い。特にどうでも良いのが配当利回りです。確かに、配当利回りが高いのに越したことはないのですが、そんなことよりも積極的に売却益を狙っていくべきだと判断しました。

 

 

勿論、攻撃的な資産運用を行うということは「それだけ大きなリスクを背負う」という意味であり、今年初の大敗を決する可能性も無視することはできません。

 

 

しかし、私は現状を分析した結果、「今まで貫いてきた勝率重視の投資スタイル」から「規制緩和の影響を受ける株を積極的に購入するスタイル」に変えようと思っています。

 

 

特に目をつけているのが不動産。

 

 

従来の投資スタイルを払拭し、「より成長力が期待できる不動産株」の購入に踏み切る予定です。また新たな株を買ったときはご報告させて頂きますので、楽しみにしてください。


スポンサードリンク