本当はフージャースホールディングス (3284)の株を買う予定だった

LINEで送る
Pocket

実は私が目をつけていたのはプロスペクトではなく、フージャースホールディングスという東証1部に上場している不動産会社の株だったんですよね。

 

これを見てください。


(フージャースホールディングスのチャート)

 

 

 

 

 

 

 

これは酷いな。

 

 

 

 

フージャースホールディングスは上場してからずっと株価を下げ続けており、現在の予想PERは5.91倍、実績PBRは0.81倍で超割安株として君臨しているのがウリです。

 

 

過去の決算を分析しても黒字経営を保っており、今期も黒字が予測されているのですが、なぜこんなに株価を下げているのか分からない。

 

 

 

投資家の声を調査すると「IR対応が悪い」という意見や、「株主を重視していない」という意見が大半を占めていますが、本当にそうでしょうか。

 

 

フージャースホールディングスは自社株買いを決行しており、2014年11月5日に公表したIRによると「1,015,200株」の買い付けを行っているのが分かります。

 

 

自社株買いもしっかり行い、配当金も支払っているフージャースホールディングスはそこまで悪い会社ではないと思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

いや、分かるよ。株主が怒る気持ちも。

 

 

そりゃあ、ここまで株価を下げ続けていたら文句の1つも言いたくなりますし、フージャースホールディングスに対して怒りの声を上げている人は従来から株を保有し続けていた株主でしょう。

 

 

しかし、現段階でフージャースホールディングスを評価すると悪い株だとは思えないのです。

 

 

何度も言う通りフージャースホールディングスは黒字経営を維持していますし、追加緩和が発生した影響によって業績に良い影響を与えることが予測できます。

 

首都圏を中心にマンションを販売しているのも良く、「割安不動産株」として追加緩和実行後は個人的に投資したい株としてリストアップしていました。

 

 

私自身はプロスペクトへの投資を実行したのですが、「割安不動産株」という観点で見るとフージャースホールディングスも悪くないと思っています。

 

 

私の投資資金が潤沢であれば両方共購入してリスク分散を行いたいと考えていました。

 

 

割安性は魅力だと思うんだけどなぁ……。

 

 

株価を下げ続けているのは事実ですが、さすがにずっと株価が下がり続けることはないですよ。

 

 

PER、PBRという観点から見てもフージャースホールディングスは滅茶苦茶割安ですし、追加緩和の波に乗ってフージャースホールディングスは株価を伸ばすのではないかと予測しています。

 

もし株価が伸びなくても配当金収入で何とかすることができるため、現在のフージャースホールディングスは私の推奨する「負けない株式投資」と相性が良いのですね。

 

 

鉄板ルートのほぼ確実な勝利を掴み取るのであれば積水ハウスとフージャースホールディングスに投資するのが良策だと考えていますが、プロスペクトがあまりにも面白すぎるのでプロスペクト株を買ってしまいました。

 

 

今はフージャースホールディングスがメタクソに叩かれているので、「フージャースホールディングス株って結構良いんじゃね?」と言ったら私もメタメタに叩かれると思いますが、もう叩かれることに慣れているから別に良いや(笑)

 

それにしてもここまで株価を下げ続ける株は珍しいよなぁ……。

 

 

普通どこかで反転するものなのだけれど、PERとPBRがここまで低い数値になるまで株が売られ続けるのは珍しいですよ。ほんと。


スポンサードリンク