エナリスショックを見ると、ライブドアショックを思い出すよ

LINEで送る
Pocket

10月だけで2回もストップ安を叩き出し、マザーズ全体に影響を与えているエナリス騒動はもう「エナリスショック」と名づけても良いでしょう。

 

はっきり言います。

 

 

エナリスは面白い。

 

こんな騒動が起こっている中、「面白い」と言うのは大多数の人から批判を受けそうですが、面白いものは面白いです。

 

 

 

正直、ライブドアショックは面白いというより、悲惨だった。

 

 

 

ライブドアショックを知らない人も多々いらっしゃると思うので、ライブドアショックの凄さを学べるサイトを紹介させて頂きます。

 

緊急アップ! ライブドアショック

「ナニワ金融道」パロディ↓

http://image.blog.livedoor.jp/kingcurtis/imgs/2/4/24bcef83.jpg

 

株でもうすぐ一億達成!からライブドア20万3000株全力信用買!で大損こいて一気に地獄に落ちた日記。

 

ライブドアショックは冗談抜きで被害が大きすぎて自ら命を断つ人も多数出たので全く笑えないのですが、今回のエナリスショックは別です。

 

 

滅茶苦茶面白い。

 

 

何が面白いって株価が暴落したのが面白いのではなく、「エナリスの突っ込みどころの多いニュースリリース」と「東京アウトローズの争い」が面白いのです。

 

web記事1つでストップ安を引き起こすのは前代未聞で、まさかここまで騒動が大きくなって良質なネタを提供してくれるとは予想していませんでした。

 

エナリスが1回目のストップ安を記録したその日に『凛として』という名文がエナリスの公式ホームページにUPされたのも面白かったのですが、何度も何度も更新されるニュースリリースも面白さを引き立てる1つの要素になっています。

 

 

今回のエナリスショックは、ライブドアショックにはなかった笑いという付加価値をつけたものだと分析しています。

 

 

ライブドアショックは全然笑えないんですよ。

 

 

あれは本気で悲惨でしたし、ライブドアが面白いことをしていたわけではないので、全然面白くないのです。

 

 

ただ、エナリスショックは別で、エナリスから発信される情報と東京アウトローズが発信する情報が面白くて面白くて仕方ないのです。株式投資.jpにアクセスしている人の中にも多くの人が「エナリス騒動」を楽しんでいるのではないでしょうか。

 

株主の立場で考えれば本当に痛ましい騒動であるのは事実ですが、ぶっちゃけた話逃げ場は沢山ありました。

 

私は株主が含み損を抱えているのが面白いのではなく、「エナリスの対応」が面白いと思っているのです。

 

日本証券新聞社も「凛とした対応」というネタを使用してエナリスの対応を批判しているのも面白いですし、もう今回の騒動は何もかもがギャグなのではないかと思えるくらい無茶苦茶だと思っています。その辺のコントより面白いです。

 

日本証券新聞社がエナリス(6079)に言及!

 

 

株主の立場を考えると正直、株価が下がっている部分は笑えないのですが、私は1度たりともエナリスの買い煽りをしたことはございません。

 

自分で言うのも何ですが、その辺りは本当に良心的だと思っています。

 

エナリス騒動が勃発した時点で「エナリスの買い煽り」をしていたら本当に悪質極まりないと思うのですが、私は1度もエナリスの買い煽りをしていません。

 

 

一部、私がエナリスの株を持っているのではないかと誤解されましたが、私はできるだけ公正に情報を発信しているつもりです。

 

 

当然のことながら株も持っていません。

 

 

今回のエナリスショックはライブドアショックに存在した「悲劇」という成分が取り除かれ、「面白さ」に特化しているように感じています。

 

 

だってそうでしょう? 私も様々な企業を見てきましたが、何度も更新されるニュースリリースなんて見たことがないですよ。

 

 

もう私はエナリスに対して「面白い!」としか評価するコメントが思いつきません。

 

 

一時期エナリスのネタが切れてエナリスウォッチもつまらなくなったのですが、石山ゲートウェイホールディングスが強制捜査を受けた影響でまたエナリスの話題が盛り上がった辺り、ここまで多くのネタを提供することができるものかと本気で驚きました。

 

結局、当初問題となっていたテクノ・ラボも石山ゲートウェイホールディングスの取引先であることが判明しましたし、もう何もかもが予想外の展開で面白いの一言しか言えません。

 

 

今回のエナリスショックは間違いなく伝説になるでしょう。

 

 

 

 

ライブドアショックは悲劇でしたが、エナリスショックは喜劇です。


スポンサードリンク